職場で嫌われる人 特徴 トップ5

5 behavioural traits to watch out for in the office

職場で嫌われる人の特徴とは?勤務態度が悪い?悪意の無いマナー違反?あなたの行動も実は職場では迷惑行為かも…。行動を見直して、快適なオフィスの雰囲気作りを。

職場で嫌われる人の特徴は、勤務態度が悪いという括りの中だけでは収まりません。怠慢だけではなく、元々の性格や気質に起因する問題行為も、嫌われる大きな原因になりえます。

例えば、職場で「全員に返信」をやたらに使う同僚のせいで、受信トレイにメールがあふれたことはありませんか? だれかのデスクに置きっぱなしのランチの食べ残しが臭ったことは? おせっかいな同僚に捕まらないよう、休憩室を避けていませんか?

この種の迷惑は、職場で頻繁に起こっています。職場でのエチケットや単純なマナーは、一部の人には当然でも、別の人には理解しかねる場合があります。

より多くのリーダーシップのアドバイスを見つける

だれでも、同僚の行為に迷惑を被ったことは何度かあるはずです。けれども、自分自身の行動が、職場で嫌われる人と同様の特徴を持っているとは夢にも思わないのではないでしょうか?自分の無作法が他人に及ぼす迷惑を、みんな意外と見過ごしてしまうものなのです。

職場で周りの人に迷惑と受け取られる可能性のある5つの行動例を、順を追って見てみましょう。

1. 声が大きい

自分の会話をオフィス全体に「放送」することは、同僚の集中を妨げる迷惑行為です。スピーカー で音楽を流したり、声に出して考えたりするのも、同様に顰蹙を買うでしょう。

常に周囲の人への配慮を心がけましょう。電話の相手や他の同僚と話す際は声を 抑え、歌は自宅のバスルームの中だけに留めておきましょう。

2. デスクが散らかっている

オフィスの個人用スペースは、快適ゾーンと呼ぶには小さすぎます。特に「匂い」は要注意です。匂いの強い食べ物や強い香水は、近くにいる同僚に不快感を与える可能性があります。

他人の嗅覚を攻撃しないよう注意し、食べ物、その他の強い香りは自宅だけで楽しみましょう。

​3. 上司にゴマをする

あからさまに上司にゴマをすったり、部下に恩着せがましく接したりすることほど、見え透いたごまかし行為はありません。

このように媚へつらう社員よりも、上下に関わらず誰にでも誠実に接する人のほうが、上司にも好印象を与えます。

4. 告げ口する

エチケット違反のなかでも、告げ口は最も卑劣な行為です。同僚が就業時間よりも2、3分早く退 社したとか昼休みを長く取ったとか、いちいち上司に告げ口していると、瞬く間に信用を失い、職場で最も嫌われる人になってしまいます。

この特徴は、他の行 動例と比べても特に悪質で、あなたの人間性を疑われてしまう恐れがあります。よほど度の過ぎた倫理違反や不法行為をしたわけではないかぎり、決して同僚の ことを密告すべきではありません。

5. 愚痴が多い

職場のあらゆること、あらゆる人について不満ばかり言っていると、あなたの姿を見かけただけで 同僚が逃げ出すようになります。上司がこの行為を目にしても、勤務態度が悪いと見なし、彼のあなたに対する評価が下がるでしょう。

ほかに明るい話題がなく ても、自分の観察は胸の内に秘めておきましょう。

他人と共有スペースで一緒に働くことには、ある程度の行儀作法が求められます。同僚を尊重し、迷惑や不愉快と取られかねない行動は意識的に回避する 必要があります。その実現には、まず他人の迷惑行為を意識するだけではなく、それを自分自身の行動も振り返るきっかけに変えていくことが大事です。

職場で 嫌われる人の特徴を正確に把握し、反面教師にするのです。職場のマナーを考える際は、社員全員が共有できる常識を見定め、誰もが納得できる、理にかなった 行動を心がけることがベストです。

このページをシェア