ブランク後の転職を成功させるための5つのアドバイス

re-entering-the-workforce

離職中のブランクをスムーズに乗り切るための賢い戦略を5つご紹介します。

転職前にブランクがあると、なかなか求職活動に踏み切る勇気が出ないものです。勉学や新たな目標の追求、育児など、仕事を離れた理由が何であれ、離職してから長期ののブランクがある人にとって、再就職は困難な道のりに思えることでしょう。職場の雰囲気は以前とは様変わりしていることでしょう。昔の知り合いも今は他の場所で働いていて、自分のスキルは低下してしまったかのように思えるかもしれません。

まるで自分のことのようだと思ったあなた、同じような立場を経験してきた人がたくさんいることを忘れないでください。いくつかの簡単なアドバイスに沿って行動を起こすことで、自信を回復し、経歴書に輝きを取り戻すことができるのです。

アドバイス1:専門家に相談する

自信をつける上で、専門家のサポートほど強力なものはありません。定評ある人材会社に相談し、自分のキャリアパスを見直してみましょう。

最近の実働経験や推薦状などがない状態で就職活動を始めれば、不利な立場に立たされてしまう可能性があります。転職アドバイザーは、あなたの能力を評価して、更に伸ばすことができるスキルについてのアドバイスを提供できます。そして何よりも、関連性の高い派遣の仕事を見つける手助けをしてくれます。アドバイザーのサポートがあれば、実践で通用する業務経験を手にすることができ、自信も取り戻せるようになるでしょう。

アドバイス2:スキルを伸ばす

派遣の仕事は、あなたが望んでいる選択肢ではないかもしれません。しかし、今日のビジネス環境で重要性が高い新たなスキルを習得しながら、古いスキルも磨き直すことができるという利点があります。

派遣の仕事で得た経験は、経歴書を充実させる上でも役立ちます。率先して行動し、興味のある職種の求人広告を見つけたら、それを人材会社の担当者に見せましょう。そして、その仕事に必要なスキルを習得・開発できる派遣の仕事を探してくれるように依頼します。これにより、過渡期をスムーズに乗り切り、再就職を成功させる可能性も高めることが出来るでしょう。

アドバイス3:オンラインのプロフィールを強化する

インターネットは、ネットワーク作りの強力な武器となり得ます。仕事を積極的に探し始める前に、LinkedInのプロフィールをはじめ、オンライン上の自分に関する情報を更新します。昔の同僚や上司にコンタクトを取り、仕事を探していると伝えるのも良いでしょう。興味のある会社の情報をフォローするのも役に立つかもしれません。多くの会社がLinkedInで求人情報を出しているからです。

アドバイス4:転職前のブランクの理由を説明する

職務経歴書ではブランクの理由を説明します。カバーレターでも言及するようにしましょう。ブランクの理由が不明であるために怪訝に思われて面接の機会すら得られないよりは、自分からオープンかつ率直に説明しておく方がはるかに得策です。

アドバイス5:学んだことをアピールする

ブランク期間での人生経験の多くは、転職先でも役に立つことがあるはずです。ですから、今まで無償やボランティアでしてきたことが、これから働く会社にとって価値のない経験だと思わないでください。

仕事以外の経験については、業務に関連するスキルに解釈し直して職務経歴書に書き、採用担当者を感心させられるよう工夫します。例えば、地域の子供会で会計係をしていたのならば、帳簿記録や財務のスキルとしてアピールすることができます。こうした詳細は、人材会社の担当者とも共有しておきましょう。自分で思っている以上にアピールできるスキルがあるかもしれません。

始めのうちはブランク後に再就職すると考えただけで不安を感じるかもしれませんが、これらのアドバイスを実践すれば、意外にも短期間でブランクを取り戻せるでしょう。再就職後にどの程度の収入を得られるかが分からないという方には、ロバートハーフの2015年版給与ガイド(シンガポール | 香港 | 日本 | 中国)が役に立つでしょう。

この記事は、先に「Reentering the Workforce: 5 Tips for Success(再就職:成功のための5つのアドバイス)」(roberthalf.com/accountemps/blog)として掲載されました。

このページをシェア