仕事ができないダメ社員を改善するためのマネジメント

仕事ができないダメ社員を改善するためのマネジメント

仕事ができないダメ社員のマネジメントは容易ではありません。しかし、改善をあきらめる前にできることがあります。

採用のプロセスを誤れば、会社の期待に十分に応えられない人材を雇ってしまうこともあるでしょう。そんな時、仕事ができないダメ社員を改善するマネジメント方法をご存じですか。折りにつけ介入しながら改善を図り、チームを成功へ導くために取ることのできる対応はいくつかあります。

ひとつ確実に言えることは、「見て見ぬふり」をするわけにはいかないということです。やる気がない社員や仕事ができない社員がいれば、チームの生産性と士気を下げ、オフィスの雰囲気を悪くする結果、会社の収益にまで影響を及ぼす可能性があります。コストがかさむだけでなく、売上高をも左右してしまうことがあり得ます。

そこで、仕事ができないダメ社員の改善のための対策を5つご紹介します。

1. パフォーマンス評価を行う

まず第一に、仕事で何が求められているのか、何が期待されているのかを、社員にきちんと理解させなければなりません。そのうえで、要求されるレベルの仕事を遂行するために必要な手段とリソースが与えられているかどうかを確認します。そのための良い機会となるのが、パフォーマンス評価です。研修を受けさせたり、メンターを付けたりするだけでも、ダメ社員に良い変化が見られるかもしれません。

2. 辛抱強く待つ

新しい仕事を学ぶのに他の人よりも時間がかかる人はいるものです。本人が努力していて、少しでも向上の兆しがあるのであれば、温かい目で見守って徐々に育てていくのがベストでしょう。状況とパフォーマンスをしっかりチェックしながら、直接的な指導が絶対に必要だと確信するまでは様子を見ることです。

より多くのリーダーシップのアドバイスを見つける

3. ダメ社員と改善について話し合う

仕事ができない社員は、上司から指摘されて初めて自分の仕事の仕方に問題があると理解することもあります。入社後のオリエンテーションや研修の一環として最初から定期的にフィードバックを提供し、何が要求されているかを明確に伝えましょう。その結果、その社員は効率の良い仕事の進め方に注意を払い、短所を改善しようとするようになるでしょう。

4. 配属替えを検討する

社員が期待に応えられず、要求される仕事をこなせないことが明確である場合は、担当の業務から外すことや別のチームへ異動させることを考えてみましょう。その社員が他の部署で役に立つスキルを持っているかどうかを検討します。これまでの採用プロセスや入社時のオリエンテーションを通じて、その社員にはすでに投資をしてきました。社内で別の職務を任せることができれば、余計な時間と経費を節約でき、皆のためになるでしょう。

5. ダメ社員と袂を分かつ

研修や配属替えをしても効果がなく、パフォーマンスは相変わらず低迷したままで、会社にコストばかりかかるのであれば、解雇よりほかに方策はないかもしれません。新しい人を雇うにはまたコストがかかり、その間は欠員状態で業務をすることになりますが、ダメ社員がもたらす長期的な悪影響を考えれば、やむをえない選択肢と言えるのではないでしょうか。解雇を言い渡すのは、決して気持ちの良いプロセスではありません。慎重かつ公正に、すべての法的手続きを踏んで対応する必要があります。また、その社員がより適した仕事を探せるよう、サポートやアドバイスを提供する必要もあるでしょう。

あらためて別の社員を採用する場合は、同じ間違いを繰り返さないために、前回の採用プロセスのミスを今一度考えてみてください。経歴書を審査した際に、誤った資質を基準にしていたのではないでしょうか。面接では、聞くべき質問を聞きましたか。そもそも面接の仕方が悪かったということはありませんか。また、最終選考の段階で、候補者のマイナス面も評価したうえで、プラス面と見比べてみましたか。

問題の社員を雇った時の手順をもう一度見直すことで、二度と同じ轍を踏まないようにすることができるでしょう。最初の採用で人材紹介会社を使わなかったのであれば、今度はそうした会社の専門的なアドバイスを受けるのもよいかもしれません。相談をご希望の方は、弊社のコンサルタントまでご連絡ください。また、求人内容をオンラインで送信いただくことも可能です。

このページをシェア