出世する人の6つの特徴

出世する人の6つの特徴

出世は一日にして成らず。何月、あるいは何年にもわたって地盤を整えてこそ、あの夢の仕事を手に入れるチャンスができるのです。

必ず成功する近道というのはありませんが、出世する人にはある程度の特徴が存在します。

ここでは出世する人の特徴と題してご紹介します。

不言実行

能力を売り込む上で、仕事の実績以上に効果的なものはありません。期待を上回る業績を常に達成していれば、高い役職の候補となることは間違いありません。

自分をアピールする

謙遜は確かに美徳ですが、優れた仕事をするだけでは出世するのに十分でないこともあります。自分の実績を宣伝できる場を見つけて、会社の業績に自分がどのように寄与しているかを明確に説明します。

自分自身の最大のサポーター兼プロモーターになることです。ただし、自信過剰は禁物です。将来上司になりそうな人と会話を始め、その人のチームに入って役割を担いたいという希望を伝えます。

明るい性格とプロフェッショナルな姿勢を見せる

いつも不満ばかり言っているネガティブな人と一緒に働きたいと思う人などいません。リーダーというのは、「障害」ではなく「機会」を見つけてくる有望な人材を探すものです。

問題解決に長けていて、将来の可能性を予測する目がある社員だと思ってもらえるようにすることです。もちろん、常にプロフェッショナルにふるまうことは、言うまでもなく重要です。それはすなわち、身だしなみに気を付け、時間を守り、協調性があり生産性が高く、それでいて難しい議論に臨んでも攻撃的にならないことを意味します。

より多くのキャリアアドバイスを見つける

価値ある人材と認めてもらう

代わりの利かない人材など存在しません。しかし、上司をしっかりとサポートして、あなたなしでは業務が成り立たないと思わせることができれば、上司が出世するのに伴って、あなたの地位も上がっていく可能性が高まるでしょう。

また、上司と固い絆で結ばれていれば、現在の部署以外のポストへの出世を目指すあなたの努力もサポートしてくれるはずです。常に複数のプロジェクトで複数の上司と働いている場合は、それぞれの上司の期待にどのように応え、相反する利益にどのように対処するかを学ぶ必要があります。

社内で人脈を作る

人脈作りの努力を上司だけに限定すべきではありません。社内で幅広くコネクションを開拓することです。社員の出世というのは、多くの場合、複数の人によって決定されるものです。

そして、人事業務には多数のステークホルダーが絡んでいます。誰もがあなたのことを高く評価していれば、短期に出世する確率が高まるでしょう。また、メールのコミュニケーションだけに頼らないことも重要です。昼食を一緒に食べたり、他の社員と社交的に交流したりする機会を作ることも大事です。

メンターを見つける

最後になりましたが、メンターを見つけて、出世するために必要な洞察を得ることも非常に重要です。高位の役職にある人と積極的に交流する社員は、出世する確率が高くなります。

あなたの能力について良い評判を広めてくれる味方を社内の要所に持っておくことは、決して損にならないでしょう。このように、出世する人の特徴を正しく理解することで、出世する可能性を高めましょう。

このページをシェア