試用期間の解除を勝ち取るための8つのアドバイス

試用期間の解除を勝ち取るための8つのアドバイス

試用期間中に会社にとって役に立つ人材であるという評価を受けるための方法とは? 試用期間を解除して、最高の形で正規採用を勝ち取りましょう。

試用期間中に要求される内容は、アジアでも地域によってかなり違いがあります。とはいえ、社員にとって安心できない期間であることは共通しています。試用期間を上手に乗り切り、正規採用されるための8つのアドバイスをご覧ください。

1.試用期間の解除に向けてベストを尽くす

試用期間の半ばあたりで気を抜いてしまうことも珍しくありません。言うまでもないことのように聞こえるかもしれませんが、試用期間が解除されるまで常に気を張って、やることすべてにおいてベストの力を発揮することです。

早めに出社して就業時間後も少し居残るといった小さな努力が、試用期間中の好評価に繋がります。

2.期待されていることを確実に理解する

試用期間中に何が期待されているかが分からなければ、良い仕事をするのは難しいものです。一方的な思い込みをしてはなりません。

分からないことがあれば聞き、確実に理解します。正しい行動を取れば取るほど、上司や同僚から歓迎される存在になれます。

3.特別なリクエストはしない

どうしても必要でないかぎり、試用期間が解除されるまでの間に特別扱いは要求しないことです。家族の緊急事態や重大な健康問題は、休暇を願い出るに値する理由かもしれませんが、過去1年の間に休暇を取っていないという理由だけで休暇を取るのは、試用期間中には通用しないでしょう。

異動願いや休暇願い、そのほかあまり変わった リクエストはすべて、正規採用されるまで待ちます。

4.上司に異議を唱えない

主体性を示すのは良いことですが、会社の制度に挑んだり、自分の権利を訴えたり、上司の決定に異議を唱えたりするのは別問題です。

試用期間が解除されるまでは波風を立てる時ではありません。良い仕事をして生産性の高さを示すことに専念します。

より多くのキャリアアドバイスを見つける

5.同僚と打ち解ける

チームの一員として働く能力は、今日の職場できわめて重要です。とりわけ試用期間中は、その重要性が高まります。試用期間を解除すべきかどうかを決定する段階になって、上司があなたの仕事ぶりについてのフィードバックをチームのメンバーに求めるかもしれません。

同僚のことを知り、チームの全員とプロフェッ ショナルでありながらも親しい関係を築きます。

6.社内政治に介入しない

雇用が確実になるまで、敵味方を選んだりしないことです。それによって誰の気持ちを損ねるかは分からないものです。

試用期間中はクリーンな印象を残すことに集中すべきです。中立の立場を保ち、他の人の気持ちを害しないよう心がけます。

7.意見の分かれる話題は避ける

政治や宗教、ジェンダーといった論争を呼びがちな話題は避けておいたほうが、試用期間中の評価に悪影響を及ぼさないでしょう。

しっかりした意見を持つことは構いませんが、そうした側面を見せる相手は家族や友達に留め、会社には持ち込まないことです。

8.同僚を妨害しない

試用期間中の社員としてあなたが専念すべきことは、良い仕事をすることです。昇進ややりがいのあるプロジェクトなどをめぐって同僚と競うべきではありません。

これらのほかに、普遍的に当てはまる基本事項も忘れないでください。仕事中の私用電話は控える、仕事や同僚についてソーシャルメディアでコメントしない、などです。

毎日元気に出社して、意欲を示し、ベストを尽くすことです。そうすれば、試用期間が無事に解除され、正規採用の承認をもらえ る可能性が高まるでしょう。

このページをシェア