仕事の人間関係:同僚との関係を深める秘訣

The Art Of Socialising At Work

仕事の人間関係というのは、意外に難しいものです。同僚との関係を深めるコツを覚えておきましょう。

同僚や顧客との交流を通して仕事場での人間関係を良好に保つには、会社という限られた空間からよりプライベートな空間で接触を持つことが一番です。否応なしにお互いと向き合うので、実生活での人柄を判断するのに最適です。このように仕事上の知り合いと職場外で交流すれば、彼らとの効果的なコミュニケーション方法がわかるだけでなく、個人的な状況を理解し、信頼関係を築くことができます。仕事場から離れた同僚との関係は、良好になればなるほど、職場を自宅のように快適な空間に変えてくれるはずです。

しかし、礼儀に反すれば大失敗にもつながります。ここでは、同僚との関係をうまく深める秘訣をご紹介しましょう。

気軽さが大切
くつろいだ社交環境で仕事の話をしたくなる気持ちはわかりますが、あなたの同僚が勤務時間外にも仕事について話したいとは限りません。明らかな意図が感じられない限り、仕事の話はオフィス内にとどめ、軽く、楽しい会話を心がけましょう。家族、友人、休日、趣味、好きなテレビ番組や映画を話題にし、職場の関係をそのまま持ち込むことは避けてください。

飲みすぎない
グラス1、2杯のワインは宵の口にぴったりですが、酔っ払うのは禁物。特に、見苦しい無礼な行為で恥をかいてしまっては取り返しがつかなくなることがあります。いくら同僚との関係が良好であったとしても、決して許されることではありません。飲酒量に気を配り、一定のペースを維持しましょう。月曜日に二日酔いや体調不良で出社するのでは、効果的な「飲みニケーション」とは言えません。

選り好みしない
目上の存在とだけ付き合い、後輩を仲間に入れないような幼稚な行動は慎みましょう。選り好みせず、自分がチームプレーヤーであることを全員に示しましょう。上司として懐の深さをアピールするにしても、若手ながらベテランとやり合える力を誇示するにしても、できるだけ幅広く付き合うことをお勧めします。たとえ、職場の外であっても、仕事の人間関係に悪影響を及ぼす付き合い方は避けるべきです。

論争を避ける
同僚との関係には節度が必要です。本当に親しい仲でない限り、同僚や顧客と、宗教、セックス、政治などの話題は避けましょう。たとえ親しい場合でも、そのような話題をだれもが喜んで話すとは限りません。国家情勢、その他のデリケートな話題に触れる前に、空気を読むことをお忘れなく。

敬意と正直さが大切
仕事場での人間関係が深まることによって、職場の壁が少し崩れたとしても、上下関係は常に尊重しましょう。これは、自分が上の場合でも下の場合でも同じです。例えば、上司に飲み物をおごらせるのは、敬意を欠いた行為です。また、職場以外での付き合いは、同僚にあなたの本当の姿を知ってもらう機会でもあります。みんなが『ゲーム・オブ・スローンズ』を好きだからと言って、自分も好きなふりをする必要はありません。正直に振舞い、ありのままを受け入れてもらいましょう。

人生では何事にも節度が大切。それは、仕事場の人間関係にも当てはまります。同僚の生活、隅々まで詮索する必要はありません。あせって仲を深めようとはせず、気軽に楽しく付き合いましょう。時間をかけて徐々に親しくなれば良いのです。

このページをシェア