知っておきたい4つのビジネス会食マナー

Business Dining Etiquette Every Professional Should Know

特に食事しながら仕事の話をするときは失態につながりやすいので、。適切なテーブルマナーとエチケットを学び、活用してみましょう。。

会食マナーが身についているかどうかで、人柄と能力は判断されます。下級管理職であれCEOであれ、レストランに一歩足を踏み入れたときから、相手はあなたの振る舞いに注目し、記憶にも留めています。

時間厳守の人が商談の鍵を握る

時間厳守は、成功する人の重要な習慣の1つです。これは会食マナーにも当てはまります。遅刻を喜ぶ人はいませんし、早めに来れば同席する人とちょっとした世間話(スモールトーク)をすることができます。この最初の数分を侮ってはいけません。第一印象で商談がまとまることも多いのです。

ミシュラン星付きレストランであれ、カフェであれ、テーブルに携帯電話やタブレットを置くのは禁物です。そういうものを片付けることが、「ゆっくりあなたの話を聞きたい」という前向きな姿勢を示します。

メニューが大切

安心して食事のできる人もいれば、アレルギーを起こしやすい人もいます。事前に食物アレルギーを伝えるのは恥ずかしいことではありません。急性アレルギー反応ほど、その場の雰囲気を壊すものはないからです。

フカヒレやフォアグラなど、倫理的議論のある料理は避けましょう。知らないうちに誰かの気分を害する恐れがあります。チキン、魚、サラダなど、食べやすいものを注文しましょう。黒コショウは歯に挟まりやすいので、ふんだんに使ったものは避けたほうが無難です。イカ墨を使った料理も問題外です。

チャンスを生かすことはビジネスに必須の能力ですが、他の人が支払うときに一番高価な料理を注文するのは反感を買う恐れがあります。ビジネスランチは味覚の冒険を楽しむ場ではありませんから、エキゾチックな食べ物、見慣れない食べ物は避けましょう。

アルコールはグレーゾーンです。ビジネスランチでの飲酒を禁止する厳しい規則はありませんが、飲むとしてもグラス1杯程度にしましょう。

テーブルマナーに注意

高級レストランでない限り、ナイフやフォークの扱いに気を使う必要はありません。意図された用途に使うだけです。ナイフは切ったり塗ったりするもので、突き刺したりなめたりするものではありませんから、バターナイフやステーキナイフを口に近づけないことです。

ちょっとした世間話

世間話(スモールトーク)は誰でもマスターできます。宗教などの微妙な問題は避けます。休日の過ごし方、街で人気のレストランなど、場面に関連した共通の話題を選びましょう。一般的な知識や時事問題も役立ちます。

ホスト役を務めてくれた人に食事の後で謝意を伝えるのは当然の礼儀です。数分の時間を割いて電子メールを書くことも、後々まで好印象を与える効果的な方法です。

このように適切なビジネス会食マナーを身につけることで、取引先や上司からの印象はずいぶんと変わるでしょう。会食を賢く過ごし、あなたを売り込むことで同僚に差をつけませんか?

このページをシェア