必ずしも賢明ではないかもしれない職場の「知恵」

Common Workplace ‘Wisdom’ That May Not Be That Wise After All

オフィス環境で頑なに信じられている一般的なアドバイスのなかには、真に成功したいと思うのであれば、多少疑って聞いておいたほうがよいものもあります。詳細は、キャリアに関するアドバイスの記事をご覧ください。

確認せずに思い込んでいると危険な結果を招くことがあるものです。特に職場では、これが当てはまります。オフィス環境で頑なに信じられている一般的なアドバイスのなかには、真に成功したいと思うのであれば、多少疑って聞いておいたほうがよいものもあります。

長時間勤務が成功を導く。

これは必ずしもそうではありません。特に時間を有効活用していないために勤務時間が長くなっている場合は、注意が必要です。整理が下手で仕事の優先順位を付けられないことが、深夜まで働いている真の理由である可能性があります。頻繁に夜遅くまで居残ったり週末に出社したりしている方は、生産性の高い働き方を考える必要があるかもしれません。

付加的な業務を志願する。

すでにたくさん仕事を抱えていて、合理的に付加的な業務をこなすことができないのであれば、しないことです。無理をすれば燃え尽きてしまうおそれがありますし、責任を果たせなければ信用に傷が付くこともあります。付加的なプロジェクトを志願するのであれば、a)今の業務量に加えてその仕事をこなすことができ、かつb)その業務の遂行に求められるスキルと知識を持っている場合にするのがベストです。

昇進は決して辞退すべきではない。

提示された新しいポストの唯一の魅力が聞こえの良い肩書きと昇給である場合は、辞退が必ずしも誤った選択ではないかもしれません。昇進に応じる前に、新しい職務が本当にやりたいと思える仕事かどうか、キャリアの目標達成やワークライフバランスの向上に役立つかどうかを考えてみてください。

「重要でない」人には時間を割かない。

自分の未来をコントロールする相手を喜ばせることにばかり集中するのは、得策ではありません。キャリアを前進させるうえでは、あらゆるレベルの同僚が重要な役割を担います。同輩からの助けがなければ、厳しい納期に間に合わせる、重要な人脈を紹介してもらうなどの際に困難を来たすでしょう。また、あなたの能力や資質に対する同僚の意見は、管理職の耳に入る可能性がきわめて高いことも忘れてはなりません。これには、ポジティブな意見とネガティブの意見の両方が含まれます。「上」を満足させることは究極的な目標かもしれませんが、成功は周囲の人と関係を育むことから始まります。

無駄なおしゃべりに参加しない。

同僚と個人的なレベルで近しくなることにいっさい興味がないのであれば、これは良いルールでしょう。悪意のある噂話に参加しないかぎり、同僚との仕事以外の会話に1日のうち数分を割くことは、決して悪いことではありません。これによりプロフェッショナルな人間関係が深まり、生意気、よそよそしいなどと思われるのではなく、近付きやすいと思われるようになります。

職場には、絶対的なルールというのは存在しません。職場の知恵として一般的に信じられている通念に盲目的に従う前に、既存の会社の文化を観察し、自分の個人的なキャリア目標を精査してみることが、良い結果をもたらすでしょう。

このページをシェア