好意的でない同僚と上手に付き合う方法

好意的でない同僚と上手に付き合う方法

金曜日の夜に酒を酌み交わせるような同僚に、残念ながらすべての人が恵まれている訳ではないでしょう。しかし、同僚が勝手な態度を示し、あなた自身も困っているとしたら、さてどのような方法を取るのが良いでしょうか。

仕事をこなしていくだけでも大変な日々の中で、好意的でない同僚と共に、日々仕事を行っていったり接したりすることは、往々にして、ストレスを伴うものです。

すべての同僚と親友のような関係が望めないなか、少なくとも親しみをもって接することが最善です。そのような関係を築ければ、仕事を共にして行く上でその業務が滞ったりすることはないでしょう。そのような関係を築くことに困難を感じたならば、以下のステップを試して頂きたいと思います。

自分自身を見つめ直す

無意識に同僚との関係を悪化させるようなことをしていないか、自らを振り返ってみましょう。そして、今の職場環境や状況を見つめ直しましょう。例えば、上から押さえつけることの多い保守的なアジア地域の企業では、率直に意見を述べることや自分の立場をわきまえない発言をすることは、あまり好ましいことと捉えられません。

そのような職場環境で発言をする場合には、いきなり発言をするのではなく、発言をするタイミングを考慮して意見を述べることが求められます。まずは時間をかけて、新たな職場や社風に自分を馴らすことが大切です。

より多くのキャリアアドバイスを見つける

毅然としながらも、礼儀正しくあれ

親しみをあまり示さない同僚には、あなた自身の忍耐力が試されますが、思わず行ってしまう最悪のことは、その同僚に対してあなたが敵対心をもって接してしまうことです。

そのような行動で不安定な関係を助長するのではなく、常に一定かつ丁寧な声のトーンで同僚に対して話すことが大切です。最低でも、同僚と雲行きが怪しくなったとしても、冷静さを失ってはなりません。とはいえ、礼儀正しくあることと、仕事に対する厳しい態度との間のバランスが大切です。周囲の人々にも、仕事に対する真剣さを知ってもらうためです。

同僚に対しては、「○○して頂けますでしょうか」のような質問調で尋ねるのではなく、相手が考える隙を与えないような、「報告書の提出期限が今週末なので、明日中にこの件に関する数字を私まで上げて下さい」といった言い回しがよいでしょう。

自分だけの問題と捉えない

多くの人にとって職場が変わることは、大きなストレスとなったり困惑を覚えたりするものです。同僚が派閥を作っている場合、その中にどのように入っていったら良いか戸惑うこともあるでしょう。

同僚たちの好意的でない態度は、あなた個人に対するものであるより、職場環境に対するものであることもあるので、状況がすぐには変わらないとしても、あなた個人の問題と捉えない方が良いでしょう。

あなたが同僚にとって“脅威”ではないと理解されるまで、あるいは、同僚の地位が脅かされないものであると理解されるまで、時間はかかるかも知れません。

ウィンウィンの関係

あなた自身の信念ややり方を変える必要もなければ、同僚に対して卑屈になる必要もありません。同僚と接する上で、あなた自身が疲れ果てるだけではなく、同僚があなたの思惑を誤解し、あなたに対して疑念が生まれることもあるかも知れません。

しかし、ちょっとした気遣い一つでそれは変えることができます。例えば、時には同僚のために、朝食やコーヒーを振る舞うのも一つの方法でしょう。

そのような気遣いが、職場での長きに渡る良い人間関係を築き、同僚に対するあなたの誠意を示すことになるでしょう。

このページをシェア