データマーケティング成功の鍵とは ― ビッグデータ分析のメリット

データマーケティング成功の鍵とは ― ビッグデータ分析のメリット

ビッグデータのメリット ― データに基づくマーケティングが企業成長の鍵に

データマーケティングにおけるビッグデータのメリットとデータマイニングの重要性は、ほとんどの企業が認識しています。ロバートハーフの最新の調査では、810人の最高技術責任者(CTO)の96%が、マーケティングデータを収集して分析していると回答しました-ロバートハーフの2017年版IT業界給与ガイド

しかし、ビッグデータを使ったマーケティングデータ分析は、会社にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。問題は、データの利用方法にあります。多くの企業はデータに頼って意思決定を下していますが、回答者の20%はマーケティングに顧客データが活かされていないと答えています。数字を少し分析しただけで、どこで、どのように、どのような理由で製品が求められているかといった消費者の購買傾向が分かるというのに、非常に残念なことです。マーケティングデータ分析で出された数値を理解すれば、ターゲットを絞ったキャンペーンを効果的に実施し、利益率を高めてリスクを引き下げる意思決定ができるようになるというメリットがもたらされます。

どんな企業にとっても、今はビッグデータのエキスパートを積極採用するのに良い時期です。マーケティングデータの分析は1つの特殊な業務ではなく、非常に幅広いカテゴリーにわたります。以下のような職務を経験した候補者が望ましいでしょう。

  • ソリューションアーキテクト
  • 開発者
  • データコンサルタント
  • プロセス改善責任者またはスペシャリスト

データ分析のプロフェッショナルを募集・採用するに当たっては、これらの検索条件を設定することに加え、候補者がいくつかの重要なスキルを持っているかどうかを吟味する必要があります。最も基本的な基準は、統計上の概念を理解し、統計ソフトウェアの知識を活かして、レポートを作成する能力です。

より多くのリーダーシップのアドバイスを見つける

どこでも同じ人材が求められているとは限りません。データマーケティングのトレンドは市場によって異なるため、企業は綿密に適任者を検討する必要があります。香港はクラウドコンピューティング分野のビッグデータを専門とする人材が多いことで知られていますが、シンガポールでは金融分野のITの専門家に対して高い需要があります。とはいえ、現在最も興味深い市場は日本です。安倍晋三首相の「アベノミクス」政策が経済を活性化していることに加え、日本のオンラインマーケティング市場は非常に堅調です。顧客の嗜好や購買習慣といったビッグデータを分析してマーケティング上の意味を引き出すニーズが、データ分析のスキルと経験を有するプロフェッショナルへの需要を刺激しています。

ビッグデータのアナリストとしてデータマーケティングのキャリアを追求する人にとっては、仕事の実績を積むことも不可欠です。最新のデータ分析の手法や手順を理解するのは、継続的な学習プロセスです。また、業界によって問題が異なるため、何よりもすばやい応用力が大きな強みとなります。

雇用する側もされる側も、ソフトスキルを軽視してはなりません。数字の背後にある意味を伝えるという役割において、これは特に重要です。ビッグデータの分析結果の背後にある意味を分かりやすく説明し、社内外の関係者にその重要性を説得するには、優れたコミュニケーション能力が必要です。

オフラインだけでなく、ソーシャルメディアプラットフォームなどから収集できるオンラインのマーケティングデータを効果的に分析できるビッグデータの専門家は、実は数多く存在します。難しいのは、大量のデータをふるいにかけて、発見した知識を事業に活かせる人材を見つけることです。

どちらかといえば、現在はITプロフェッショナルの売り手市場です。上記の点は、データマーケティングにおけるビッグデータの性質とメリットを理解する第一歩にすぎません。さらに重要なのは、それをどのように事業全体に組み込むかです。

このページをシェア