世代間交流のスタートは早めに

Multi generation party

職場では、世代間の格差が特に顕著になります。さまざまな社員の社員に同様にやる気を持たせるためには、どうすれば良いでしょう?

現代の企業では、社員の多様化が進んでいます。2025年には、社内で2人の上級管理職が、1980年代前半から2000年代前半生まれのジェネレーションYになります。

平均余命の伸びと生活費の上昇により、ジェネレーションXとベビーブーム世代は、退職を先延ばしする傾向にあります。そうなれば、経歴、職場での習慣、好み、意思伝達パターンの異なる社員たちが、有効な人間関係を構築することが非常に重要となります。

ここでは、世代の異なる社員をまとめるために効果的な4つの方法をご紹介します。

ハイブリッドチームのための基本ルールを策定する

明確な基本ルールを策定し、対立が生じるリスクを最小限に抑えましょう。統一規則によって多様なコミュニケーションや仕事のスタイルを管理すれば、どの社員も明確な判断基準を持つことができます。例えば、チームカレンダーを作成し、だれかが休暇を取るときは全員がわかるようにします。これで、チームの人手不足や負担増大を防ぐことができます。

世代間の相互学習を奨励する

社員が互いに学び合うことを奨励しましょう。年上の社員は、知識や経験を共有し、年下の社員にアドバイスすることができます。若手の社員は、オンラインのトレンドや、作業効率を高める最新技術の活用法を、年配の社員に伝授することができます。ジェネレーションXには、自分が職場に貢献し、良い影響を与えていると感じさせ、当事者意識を持たせることが重要です。潜在的な相互学習のチャンスは豊富にあります。ぜひご活用ください!

チームを評価し、報酬を与える

均一な報酬制度は、複数世代にわたるチームの運営においては有効と言えないかもしれません。年配のメンバーは、昇給や家族と過ごすための休暇を喜びますが、若い世代なら、人前で表彰されたり、心が躍るような新しいプロジェクトを手がける機会のほうが良いでしょう。何が特定の世代グループや個人のやる気に火を点けるのか、柔軟な姿勢で理解しましょう。社員に合わせた態度で接するととともに、評価や報酬の制度も調整してください。

「世代ポップカルチャーデー」を開催する

チームの親睦企画を通じて結束力を強化しましょう。例えば「世代ポップカルチャーデー」は、チームの強化に非常に効果的です。社員たちに自分の人生において重要な年代(60年代、70年代、80年代など)を選ばせ、それをテーマにした日を設けます。社員には、当時の服装、音楽、流行語などを自由に披露させ、当時の人気アイテムを持ってきてもらってもかまいません。大いに楽しみ、創造性を発揮してください。楽しい活動を通じて、チームメンバーの交流を深めることが目標です。常識に捉われず、ぜひ独創的な企画を!

強力なハイブリッドチームの結成は困難ではありません。ビジネスには、時間や年齢を超越した普遍的なものがあります。品質、自社サービスへの誇り、正直さ、誠実さなどは、時代を超えた重要な価値です。共通性を重視し、違いを有益に活用することにより、結束力の強いチームを作れば、会社にとって大きな資産となります。

そのことを忘れず、世代間交流を早めにスタートさせることをお勧めします。

このページをシェア