社員が価値を認められたと感じていますか?

社員が価値を認められたと感じていますか?

優秀な人材に対する評価や感謝を表すことは、リーダーが担う重要な任務の1つです

社員の功績を認めることは、単に好印象を与えるだけではありません。士気を上げ、生産性を高め、トップクラスの人材を定着させる上でも効果的です。しかし、成果をあげたスタッフへの感謝は、忙しい経営者にとって「後回し」になりがちです。

多くの経営者が、褒めるタイミングを逃し、成果に対して褒め方が小さく、時には「ありがとう」と言うことさえ忘れてしまいます。

最近、チームの優れた業績(成果)を評価していないと感じたら、今すぐ行動を起こしてください。財務プロフェッショナルの求人が多い現在、自分が評価されないという理由で、大切な人材がライバル企業に流れてしまうのは避けねばなりません。

優秀なプロフェッショナルに感謝を伝える3つの方法をご紹介しましょう。

タイミングよく褒める – スタッフにも褒めることを奨励する

社員の優れた成果は、即座に評価する必要があります。「ありがとう」という一言や手書きのメモでも、チームメンバーにとっては非常にうれしいものです。称賛は上からだけに限りません。

同僚に評価されることは、上司が満足気にうなずくのと同じぐらい意味があります。仕事がうまくいったときは、社員が率直に称え合う社風を作りましょう。

褒める方法は、状況に応じて判断します。スタッフ会議で個人やプロジェクトチーム全員を褒める、社内のイントラネットやニュースレターに業績を称える記事を書く、あるいは有給休暇を1日与えたり、ランチや映画に誘って慰労してもよいでしょう。

トップクラスの人材を評価する

昇進は、業績の高い社員を評価する一般的な方法です。しかし、現在の経済情勢で、人員を削減し、厳しい予算での経営を余儀なくされている企業にとって、昇進は難しいかもしれません。

すぐに昇進とならない場合は、適切なトレーニングで優秀な人材のさらなる成長に投資しましょう。職務の範囲を広げ、やりがいのあるプロジェクトを与えることも、スタッフのやる気を持続します。

そのような場合は必ず最初に本人と相談し、他の分野での能力開発を望んでいないかどうかを確認しましょう。

より多くのリーダーシップのアドバイスを見つける

過度は禁物:称賛に意味を持たせる

社員の努力と成果に定期的に感謝することは必要ですが、やりすぎないよう注意してください。華やかな称賛の言葉は、単に基本的な職務を果たしたときでなく、本当にすばらしい成果を上げたときに残しておきましょう。可能であれば、具体的なビジネス上の結果と結びつけて評価するのが良いでしょう。

成功する企業のほとんどは、高い業績を評価し、報酬を与える社風を持っています。

会社の貴重な資産である人材には、1人ひとりの貢献を認め、彼らがいるから会社の業績が上がっていると伝えることが必要なのです。

このページをシェア