従業員をエンパワーする5つの信じられないほど簡単な方法

By Robert Half 2018 年 5 月 24 日

スタッフのエンパワーメントは、スタッフと上司の間の双方向的な相互関係です。スタッフのエンパワーメントは、段階的に容易に始めることができます。

従業員のエンパワーメントを効果的に行うことによって、従業員は仕事に対する満足感や顧客満足度、会社の利益を向上することができるので、従業員の潜在的能力を最大限に活用することに役立ちます。

従業員のエンパワーメントを培う組織づくりを推進するには、経営者側は従業員にビジネスのあらゆる側面を率直で誠実な方法で積極的に伝えていく必要があります。従業員のエンパワーメントは、一方通行ではなく双方向的な相互関係です – 管理職は、従業員に自律的に決断をさせるという考えを受け入れることが必要であり、従業員はより多くの責任を積極的に担うことが必要です。

従業員のエンパワーメントを培うには、以下の5つの簡単な方法で始めることができます。

定期的な面談
自分の体験や識見は会社にとって重要であると従業員が感じることができるようにすることは、非常に重要です。

従業員と定期的に面談する時間を取ることは、従業員に仕事がよりスムーズに進むようなソリューションを常に考えるようにさせるだけではなく、会社の成功に投資されているという意識を与えることにもなります。

匿名性の従業員フィードバック

面目を保つというアジアの文化の中では、同僚や他の上司について完全に正直なフィードバックを提供することは難しいかもしれません。匿名でフィードバックできるシステムを設けることによって、完全に正直になれる機会を従業員に保証することができます。

しかし、提出されたフィードバックは必ず対処することが必要です。せっかく意見を出したのに結局何も行われなかったと感じると従業員はやる気をなくしてしまいかねず、実際、従業員からの信頼を失う危険もあります。

フィードバックの提供

ある仕事を数年もの間続けているのに、周りが誰も気が付いてくれないと思った場合、人はどうでもいいような気持ちになってしまうのではないでしょうか?

Gallup Business Journal誌によると、長所に焦点を当てたフィードバックを受けた従業員は、弱点に焦点を当てたフィードバックを受けた従業員に比べて、30倍も積極的に仕事に取り組む傾向にあることが研究によって明らかにされています。

やってみて失敗する機会を提供

起業家気質を持つ従業員は、優れた発想力に恵まれていることが多々あります。また、このタイプの従業員は自分の発想が評価されていないと感じると、独立しようとするきらいが多いようです。このような人材はどのように保持すればいいのでしょうか?このような人材を保持するには、リーダーシップを発揮できるチャンスが十分にあるプロジェクトを担当させることです。

自分の発想を試す機会を得ることで、彼らは組織に上手く適合するにはどうしたらいいか、より大きな構想に貢献するにはどうしたらいいのかを探す機会を得ることになるのです。

内部昇進制の促進

ポジションが空いた?そのような場合は、慌ててライバル企業の人物を引き抜いたり、組織外から誰かを雇うようなことはやめましょう。従業員のエンパワーメントは、従業員に何のために努力するかの目標を与えることも意味します。

チャンスが訪れた時に従業員がより大きな役割を担うことができるように従業員を育てるためにはどうしたらいいのかを常に考えるようにしましょう。従業員に投資を行い、従業員をトレーニングコースやセミナー、業界のネットワークイベントに参加させましょう。

このような方策を実施していくことによって、従業員は自分が「会社」という名の巨大な機械のただの歯車だと感じることがなくなるのです。

More From the Blog...

IT業界で必須のスキルとは

IT業界で通用するというレベルではもはや十分ではありません。ロバートハーフが発行する下半期雇用レポートの最新トレンドにあるように、IT業界で必須とされるスキルで自身をアップデートしておくことが重要です。

続きを読む