迫る変化:業務の優先事項が変わったとき、あなたはどうやってチームを管理しますか?

著者 Robert Half on 2020 年 9 月 21 日

企業の過渡期には、職場で噂話が広がることがあります。チームで強固なコミュニケーション計画を立てる前に、話題がは何度も変わります。

そのため、企業に混乱が訪れようとするときは、よい状況においても、悪い状況においても、変革管理にすぐに取り組まなければなりません。そしてこれには万能な解決方法はありません。従業員はそれぞれその変化をさまざまにな意味へと解釈するでしょう。例えば、最高財務責任者(CFO)を対象としたロバートハーフ・マネジメント・リソースの調査では、世代による違いが最も顕著に現れるのは、回答者の30%が「従業員のコミュニケーションスキル」であるとし、その次に26%が「変化に対応する能力」だとしています。

マネージャーが部下に業務の変更とその理由を理解してもらうだけでなく、部下が変更に順応に対応し、メリットを得ることができる戦術をご紹介します。

コミュニケーション!、コミュニケーション!コミュニケーション!

コミュニケーションは常に最優先事項であるべきです。目標や優先項目に変更が生じた際にはすぐに部下に伝えてください。すべての詳細が明らかでないときでも、チームに役立つように、できるだけ情報を共有します。そして恐れずに、状況に対するコメントを求めましょう。

透明性を維持する

部下はあなたの声のトーンに敏感です。部下に対して正直ではない時、彼らはそれを感じとってしまいます。変化によって起こることを説明しましょう。チーム全体と各個人に関する見通しを話します。 もしよい方向の変更であれば、必ず部下が事前に知っているようにします。これによりチームが、自分たちが配慮され、受け入れられていると感じることができるでしょう。

成功へのフォーカス

すべての人が役割を果たすと、変化を成功させることができます。チームワークの賜物です。是非、マネージャーやリーダーとして、進行の途中に成果を称えるようにしましょう。

コミュニケーションを取り続ける

繰り返しになりますが、コミュニケーションを取り続けることが、変化について非常に重要なことです。M&Aであれ、経営理念の変更であれ、大きな変化があったときは、部下とのコミュニケーション方法を刷新する必要が大いにあります。またトレーニングを提供したり、サポートを追加する必要があるかもしれません。こうした場合でもコミュニケーションが必要です。

マネージャーとして、それぞれの変更に関して、積極的で、思慮深い、戦略的なアプローチをとることが重要です。こうすることで、物事をはるかに容易に進めることができるでしょう。

ブログからもっと見る。。。

電話一次面接で聞くべき質問

電話一次面接で聞く質問は、採用を成功させるための重要な要素です。この時点で聞くべき質問、評価のポイント(要注意点を含む)、その後の手順を以下にまとめました。

続きを読む