柔軟な職場環境を作り、生産性を高める方法

著者 Robert Half on 2020 年 4 月 3 日

ここ数週間のニュースによって、多くの会社とその従業員たちが先行きに不安を感じています。プロジェクトが突然変更となったり、従業員が病欠の同僚の分の仕事も引き受ける状況が起きたりしています。これではどんなやる気のあるプロでもすぐに疲れ切ってしまうでしょう。

スタッフが締め切り前に燃え尽きて期限に遅れてしまうことへことを防ぐための対策の1つとしては、スタッフの配置に柔軟なアプローチをとることです。正社員と契約社員を流動的に活用することで、あらゆる方面の景気循環に素早く対応することができます。

自分のニーズを知る

第1のステップ:直近の要件と、そうではない要件とをはっきりと区別をしましょう。また明確な要件と不明確な要件も見分けるようにします。場合によっては正社員を採用するのがベストな選択となるでしょう。それが難しいようであれば代替案で対応する方がよい場合もあります。

状況が今後も明らかに継続するものなのか、一時的なものなのか、不確かであるかどうかを、判断します。今後のプロジェクトと、今と将来の仕事量の増減を考慮します。これにより必要な正社員と契約社員の配置を決定するのに役立つでしょう。

要件を明確にする

候補者が持つべきスキルと経験、そしてサポートが必要な期間を判断します。例えば、休暇中の社員をカバーするために契約社員を探しているのであれば、明確な期間を想定しておくことが大事です。

また正社員採用を決める前に、契約社員として雇用することもできます。このアプローチをとると、長期採用をする前に、最初に個人の業績を評価し、社風にあうかどうか判断することができます。そして契約社員に見込みがあり、業務量の面で人手がまだ必要であれば、正社員に登用することができます。

人材派遣会社と協力する

専門的な人材紹介会社は、貴社のニーズにあった正社員、契約社員、プロジェクト用スタッフを素早く提供し、柔軟な要員を準備する支援をします。貴社が支援を必要とする部分にフォーカスした人材紹介会社を利用すれば、貴社が最適な人材を見つける確率が高くなります。

柔軟な要員計画により、不安定なときも、安定しているときも、同じように会社を成功させることができます。景気がどのような状況であれ、コアスタッフを強化し続ける機会を見逃さないようにしましょう。従業員の一部をコアメンバーに指定することで、会社がどのような展開になっても、それに備えることができます。

ブログからもっと見る。。。

電話一次面接で聞くべき質問

電話一次面接で聞く質問は、採用を成功させるための重要な要素です。この時点で聞くべき質問、評価のポイント(要注意点を含む)、その後の手順を以下にまとめました。

続きを読む