このページは英語でのみ表示されます。

最適な後任者を見つける方法

著者 Robert Half on 2016 年 11 月 9 日

面接は、上司としてのあなたが、点と点をつなぎ、候補者が本当に仕事に適任かどうかを判断するチャンスです。大半の場合、適切な人材を選ぶのは簡単ではありません。

しかし、適切な質問を準備しておけば、優秀な人材と優秀に見える人材の区別はとても簡単になります。必ずしも難しい質問が必要なわけではありません。

ここでは、最も適切な後任者の絞り込みに役立つ6つの質問をご紹介します。

1. この会社について何を知っていますか? なぜここで働きたいのですか?

今どきオンラインで情報を得るのは簡単ですから、適切な候補者なら当然調べていると思われるでしょうが意外にもそうではありません。この質問をすれば、候補者が本当に貴社で働きたいと思っているかどうかがわかります。

2. ご自身のどのようなスキルや長所がこの職務に向いていると思いますか?

候補者は、単に空いているポストに応募したのでしょうか? それとも貴社のニーズへの適性を検討したでしょうか? 応募者は批判的に思考し、自分の能力がチームにとってどのように有利かを説明できる必要があります。この質問に当て推量で答えているようなら、おそらく職務内容を十分に考えてこなかったのでしょう。

3. 現在の仕事について教えていただけますか?

コミュニケーションスキルを評価するには最適な質問です。何をしているかだけでなく、どのように貢献しているかを上手に説明できるでしょうか? この質問は、レジュメ以上に詳しく職業的な経歴を把握するにも役立ちます。

4. 現在働いている企業がどうすればもっと成功すると思いますか?

この質問では、候補者が現在の職務で全体像を見ているのか、それとも当面の理由だけで転職しようとしているのかがわかります。また、なぜ現在の仕事を辞めたいのか、本当の理由がわかるかもしれません。

5. 上司や同僚と意見が異なる状況をどのように処理したかを教えてください

これは非常に価値のある質問です。候補者のコンフリクトマネジメントスキル、性格、将来の問題に対処する能力がわかるからです。関わった同僚についてどのような口調で話していますか? 状況を十分に説明できましたか? 問題解決能力を発揮して解決できましたか?

6. 私に何か質問がありますか?

候補者が注意して話を聞いていれば、または面接前に下調べをしていれば、それほど難しい質問ではないはずです。優秀な候補者なら逆質問をすでにいくつか準備しているか、面接でそれまでに話したことに関して質問があるはずです。

最適な後任者を見つけるには、ちょっとしたコツが必要な場合があります。しかし、適切な質問をすれば、候補者は自分の能力を素直に語り、職務内容も理解してくれるでしょう。

この記事は、過去に『6 Really Smart Interview Questions to Ask Candidates Revealed(面接で候補者にするべき本当に賢い6つの質問)』としてOfficeTeamブログに掲載されたものです。

ブログからもっと見る。。。