マネージャーが効果的なコミュニケーションを職場に普及させる方法

著者 Robert Half on 2020 年 8 月 24 日

見通しが不透明なときには、マネージャーが職場で効果的なコミュニケーションを実践し、周りに奨励することが、これまでにないほど重要になります。企業の規模の大小に関わらずマネージャーであるならば、部下とのコミュニケーションの仕方によって、成功への道を切り開いたり、ますます疑わしさを増すことになったりします。

コミュニケーション方法が悪いと、不信感が生まれ、対立の原因となり、場合によっては離職率にまで影響を及ぼします。反対に、しっかりとコミュニケーションをとっている場合、従業員の定着率向上に繋がります。最近のロバート・ハーフの調査によると、81%の雇用主が優秀な人材の定着に対して懸念関心を示してしていることから、これは重要な問題です。

コミュニケーションが良好であれば、従業員の士気と生産性を高め、忠誠心が生まれます。いつもイライラしているチームメンバーがいませんか? 突然、健全でないほどオフィスの中でたくさんの噂話が飛び交うときがありませんか? モラルが低下していませんか?

これらは、コミュニケーションがスムーズに行われていないことを示しています。このような問題を克服、改善、そして防止をする方法を、以下に5つご紹介します。

1. 情報を適切に提供する

従業員は裏適切に情報を提供されない時、不安から推測し始め、憶測と噂がはびこる環境を作り出してしまいます。従業員はあなたが知っていることすべてを知っている必要はありませんが、チームに影響を与える可能性があるような問題に関しては、情報を提供することで、透明性が高いチームだと感じるようになります。

2. 話し合いがしやすい状態環境を維持する

もちろん上司として、権仕事とプライベートの境界線を曖昧にしたくはないでしょう。しかし、気軽に話し合いができることは重要で、状況が変化しているときは特にそうです。可能な場合はオフィスのドアを開けておくようにし、定期的にスタッフに最新情報を提供することでこれを実現できます。見通しが不透明なときには、会議中に質問時間を設けたり、思ってはいるけれども普段は聞きづらいことを匿名で質問する方法を提供 すると良いでしょう。

3. 適切な時を選んでメッセージを伝える

メッセージを伝えるとき、適切なタイミングと場所がわからないことがあります。何かを週次会議で発表する、一対一の会話で伝える、会社のメールで連絡をする。どれがより効果的でしょうか? 情報が個人、そして全体に与える影響について考慮しましょう。締切厳守については部下に直接、話をしたほうがいいでしょうか? もし問題が多くの人に見られる場合は、チーム全体にメールで周知を送信すべきでしょうか?

4. 適切な話し方とアプローチ

選実際に話す言葉と声のトーンは、コミュニケーションに影響。を及ぼします。話し方とアプローチが鍵です。物事をよく見せるように話をする必要はありません。しかし問題について言及する場合は相手にプレッシャーを与えるのではなく、解決策を提示するほうが効果的です。

5. 非言語コミュニケーションの重要性

部下があなたの承認を求めている、または少なくとも反対を受けないことを望んでいるとします。ボディランゲージは言葉では伝えきれない微妙なニュアンスのメッセージや、強力なメッセージを伝えることができます。忙しくても、オフィスで誰かとすれ違う時は、アイコンタクトをとったり、フレンドリーに会釈をするようにしましょう。部下が質問に来た時は、ただ聞いているというのではなく、話をしている間、きちんと部下のことを見て、敬意を払う姿勢をとるようにしましょう。

特に事業職場環境が不安定な場合、問題が起こるのはビジネスではよくあることです。しかし効果的なコミュニケーションをすとることで、透明性が高まり、もっと効率よく問題を解決することができるでしょう。

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む