安い給与は高くつく?適正給与が大事な理由と人件費の意味

著者 Robert Half on 2018 年 4 月 16 日

給与は経費ではなく、投資と見なすべきです。人件費の意味を理解し、適正な給与で賢く投資してこそ、従業員の力を最大限に引き出せるでしょう。

会社にとって重要なのは、社名やオフィススペースだけではありません。会社を発展させる従業員がいなければ、会社はただの抜け殻です。フォーチュン500に選ばれた企業であろうと従業員20人の会社であろうと、従業員の満足度が低ければ離職率は高まります。

休暇や福利厚生など、従業員の満足度を左右する要素のなかで最も重要なのが、適正な給与のレベルです。

そこで、適正な給与がなぜ重要なのかを考えてみましょう。わずかなお金を惜しんだせいで会社に多額の損失が生じる可能性があることも、知っておく必要があります。

適正な給与は従業員への投資に

まずはポジティブな角度から、人件費の意味に津市手考えてみましょう。適正な給与は、会社のために最善を尽くそうという従業員の意欲を高め、団結を促し、忠誠心を育てます。

適正な給与のポリシーを実践することで、従業員を大切にする姿勢を具体的に示すことができます。この結果、会社が難しい局面を迎えた時に従業員が恩に報いてくれるでしょう。

給与体系に含めるべきものを確実に把握したいという方は、ロバート・ハーフ給与ガイドをご活用ください。財務・会計、金融サービス、技術業界の様々な職種の給与相場について、幅広い情報を提供しています。ロバート・ハーフ給与計算ツールでは、「職務カテゴリー」や「職名」別に分類された給与データを活用することもできます。

給与が人材定着の要因に

優秀な人材は、他社の人事マネージャーやヘッドハンターから頻繁にアプローチを受けていて、引き抜かれることもしばしばあります。

最近ではLinkedInのようなプロフェッショナルのためのビジネスネットワークもあり、転職はさらに簡単になっています。また、優秀な人材は求人市場での需要が非常に高いため、たとえ現在の仕事が好きでも年収などの重要な側面に不満を感じていれば、良いオファーを提示してくる会社に移ることをためらいません。

重要な役職に欠員が出ればプロジェクトのスケジュールに悪影響が及び、これを解消するための時間とリソースが余分にかかってしまうでしょう。

低い人件費が意味するのは?獲得できるのは給与レベルに合った人材だけ

企業の知名度に安住して、適正なレベルよりも低い給与を出している会社はあります。しかし、そのような会社のためにわざわざ低賃金で働き、時間をかけて何かメリットを得ようと考える求職者はそう多くない可能性があります。

こうした企業は「この会社は次に良い仕事にステップアップするための踏み台」と考える人を呼び寄せやすく、そうした従業員は、条件が良いと思われる機会があればすぐに転職してしまうかもしれません。

安い給与に潜むコスト

スキルの高い専門職の従業員が退職するコストは、その従業員の年収の最高2倍に達することがあります。また、生産性の低下など、無形の損失も生じます。

このほか従業員の離職の代償は、後任の採用と研修の費用、業務に慣れるためのプログラムに費やすリソースなどがあります。

これらの金銭的な影響は、適正な給与を出していれば回避できるかもしれません。また、離職率が高ければ、会社の積み上げた知識基盤や従業員の士気にも悪影響を与えます。

給与レベルを競争力に

求人市場は常に変化しているため、「働きたい会社」の評判を高めるには、人事担当者が絶えず報酬のポリシーを見直して調整すべきです。そのためには、人件費の意味を理解し、従業員が貴重な財産であることを認識しなければなりません。

最初はコストがかかるかもしれませんが、それは先行投資です。適正な給与に満足している従業員は、時間とともに新しいスキル、知識、経験を習得し、さらに貴重な財産となるでしょう。

ブログからもっと見る。。。

優秀な人材を採用するときに考慮すべきこと

優秀すぎる人材の採用は、低めのコストでより質の高い労力を得るチャンスなのでしょうか。それとも、その人材の価値を上回るリスクとなるのでしょうか? 優秀すぎる候補者を雇う前に、その人の動機を理解し、それでも適材かどうかを見極める必要があります。

続きを読む