疲れ切ったスタッフの燃え尽き症候群を防ぐ

著者 Robert Half on 2020 年 3 月 27 日

従業員の誰かが休暇中、病欠、または最近、退職を決めた場合、他のスタッフに仕事が集中し、スタッフの負担を増大させてしまうケースがよくあります。これは仕事の生産性が低下するだけでなく、ストレスが増えたことで、スタッフは疲労がたまり、だんだんとやる気を失ってしまいます。

以下に、対応策に関するアドバイスをご紹介します。

1. 現実的になる

一歩引いて自問してください。従業員の抱えている仕事量は実行可能でしょうか?皆、プロジェクトを担当するのに必要なすべてのリソースと情報を持っているでしょうか?常に高すぎる目標を設定していたり、評価基準が不明確な仕事を与えられていると、いくらスキルの高いプロフェッショナルでも個人で耐えられる範囲の限界を超えてしまい、すぐに燃え尽きてしまいます。

2. ワークライフバランスを支援する

過剰なストレスは幸せを呼ばず、効率も向上しません。仕事が好きな従業員はいつも、良好なワークライフバランスを保てることが、企業文化で最も大事な点の1つであるとしています。従業員の社外で持っている責務や興味を尊重することは、会社での燃え尽き症候群防止に役立ちます。

可能であれば、従業員がプライベートと業務上の責任のバランスがとれるように、リモートワークやフレックスタイムなど勤務形態を提示することを考えましょう。

3. 一生懸命働いていることを認める

員は、感謝され、成果がきちんと評価されていると感じることで、仕事量が多くても対応が苦でなくなります。少なくとも、競合企業と同等またはそれ以上の給与を必ず提供するようにしましょう。感謝の意を示すには、単純に、スタッフミーティング中に「ありがとう」と言ったり、社内外の賞にチームを推薦したりすることができます。チームが何かよいことをした場合は、それに気付くようにします。もし従業員が出したアイデアを実施した場合は、その功績を評価することで、モチベーションアップにつながります。

ブログからもっと見る。。。

人材管理とマネジメントに関する5つの迷信

なぜ駄目なんだ。部下にあんなに言っているのに、自分も周りもこんなに頑張っているのに。―こう思うことはありませんか。人材管理やマネジメントに正解はありませんが、時代に合わない概念はあります。弊社は、社会に根付いているマネジメントに関する5つの迷信を覆すべく、現実に即したアドバイスを提供いたします。

続きを読む