新型コロナウイルス時代の雇用市場:技術系の求人が増加

著者 Robert Half on 2020 年 7 月 20 日

新型コロナウイルス感染症の流行から収束にかけて、企業が基本的な業務のリモート化を図るとともに、多くの分野でデジタルトランスフォーメーションが加速しています。急激な変化のきっかけを作ったのは新型コロナウイルスですが、今では多くの企業経営者がITインフラ投資の長期的なメリットを認識しつつあります。

在宅勤務(少なくとも勤務時間の一部)の普及がしばらく続けば、おそらく従来の業務の必要性は薄れ、技術を駆使した長期的な企業文化の転換を通じて、管理職にも一般従業員にもメリットのある柔軟な勤務体制と生産性のサポートが優先されることになるでしょう。

ここでは、現在の雇用市場で最も需要の高いテクノロジー系のポジションをご紹介します。

ソフトウェアエンジニア

現在、多くの企業が新しい、または選択可能なデジタル製品を導入し、新型コロナウイルス感染症によって生じた不便を補おうとしています。ここ数カ月、消費者がデジタルツールやソリューションの価値を意識すると同時に、企業も、使いやすいソフトウェアが社内業務を改善することをこれまでになく痛感しています。 企業は、コンピューター科学、分析、プログラミングの知識を生かして、ビジネスニーズや現代の消費者の期待に合ったソフトウェアを作成することを重要な職務と認識し、ソフトウェアエンジニアの採用を増やす傾向にあります。

プロジェクトマネージャー

新型コロナウイルス感染症によって、企業が合理化、効率化、競争力の強化、在宅勤務の普及に努める中で、デジタルトランスフォーメーションを優先的に推進する重要性が注目されています。ITプロジェクトマネージャーは今後も重要な役割を担うことになるでしょう。たとえば、新しいシステム、システム、セキュリティプロセスなどの展開にあたり、他のITプロフェッショナルのスキルと作業を調整することも、その基本的な職責に含まれます。

ITセールス担当者

IT製品やソリューションがビジネス環境の主役になれば、企業は、セールスチームが既存顧客や見込み客に対して、知識、コンサルティング、クオリティの高いサポートを提供できるよう、十分な専門知識を与える必要があります。現在の厳しい経済情勢では、高いコミュニケーションスキル、顧客のニーズを把握して適切なソリューションを提案する能力を持ったITセールス担当者が求められる傾向にあります。

ITセキュリティコンサルタント

現在の多くの企業、特に専門サービスを提供する企業は、機密性の高い大量の顧客情報を管理しています。しかし、多くの在宅スタッフに情報にアクセスさせ、「新しい生活様式」の中で安全かつセキュアに業務を行うには、ITセキュリティプロフェッショナルが必須です。

世界経済フォーラム(WEF)の最近の分析によれば、新しい働き方の急激な普及によるサイバー攻撃とデータ詐欺は、新型コロナウイルス感染症が世界中の企業に与えると予想される技術的リスクとして、トップクラスのリスク専門家のほぼ3人に1人(38%)が挙げています。

企業にとってITセキュリティコンサルタントの価値は計り知れません。企業には、スタッフが個人所有のデバイスを仕事に使用するための手続きを定めるなど、在宅勤務の効率、利便性、安全性を高めるための継続的なアドバイスが必要だからです。

ソフトウェア/アプリケーションアーキテクト

ここ数カ月、人々は在宅で働くようになり、多くの企業は物理的な店舗を閉めることを余儀なくされました。調査レポートによれば、オンラインショッピングを利用する人の数が急速に増えています 。 別のレポートによれば、新型コロナウイルス感染症によってフィンテックアプリの利用も72%増加しています 。新型コロナウイルス感染症を受け、消費者の優先事項と行動パターンは今後も変化し、多くの企業がデジタル技術を駆使する顧客に対して、ソフトウェアソリューションで自社製品を宣伝および販売するようになると予想されます。

優秀なソフトウェア/アプリケーションアーキテクトは、企業をデジタル市場に適応させる、顧客に魅力的なデジタル体験を提供するなど、目的が何であれ、ソフトウェアやシステムの設計と維持に不可欠な人材です。

デジタル化の進むビジネス環境で競争力を高めたい企業にとって、適切なテクノロジー系の人材の採用はこれまでも重要でした。しかし現在、新型コロナウイルス感染症が追い風となり、多くの企業がデジタル化戦略を優先して展開しようとしています。今後も、テクノロジー系の人材は、企業が市場の変化に対応しつつ、働き方を変える上で極めて重要と見なされ、需要が高まると予想されます。

人事に柔軟性を持たせ、優秀な正社員のITプロフェッショナルとプロジェクト単位のITスペシャリストの両方を混ぜて雇用する企業も増えています。このような雇用方針は、状況の変化に機敏に対応し、しかも必要な組織的知識やビジネスに不可欠なスキルの不足もなしに、新型コロナウイルス感染症の流行とその後の時期を乗り切る有効な方法と言えます。

オンサイトスタッフ、リモートスタッフ、いずれの採用もロバート・ハーフがお手伝いします。弊社で選考済みの優秀なIT・テクノロジー系プロフェッショナルなら、場所に関係なくリモート勤務が可能です。

Hide Breadcrumb
Off
Hide Title
Off

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む