ロバート・ハーフ東京 エグゼクティブサーチチームに日本市場の動向についてインタビュー

著者 Robert Half on 2022 年 6 月 29 日

ロバート・ハーフ - エグゼクティブサーチ東京拠点のマネージングディレクターであるアンドリュー・サイパス氏とニック・シール氏に、同社のエグゼクティブサーチ部門について、日本の業界の最新トレンド、また日本市場における彼らのミッションについて話を聞きました。

お二人の職歴を簡単に教えてください。

アンドリュー・サイパス:

「私は、東京のヘルスケア業界におけるバイリンガルリーダーシップの人材に特化した日本最大級のエグゼクティブサーチ会社でキャリアをスタートさせました。 そこで5年間過ごし、さらにFMCGの研究開発部門を立ち上げ、そのチームを率いるという栄誉に浴しました。

その後、リテインドサーチ領域へ転向し、ヘルスケアやリテール以外の業界もカバーしたいという思いが強くなり、シンガポールを拠点にコーポレートファンクションに特化したブティック型リテインドファームで5年間キャリアを積みました。 日本だけでなく、アジア太平洋地域のヘルスケア、小売、FMCG、テクノロジー、製造、金融業界のシニアリテインド職種をカバーすることができ、私が求めていた成長が実現できました。」

ニック・シール:

「ニュージーランドのソニーでプロフェッショナルとしてのキャリアをスタートさせ、それが日本への興味を持つきっかけとなりました。 2010年に人材紹介業界に転職しました。 当初はエレクトロニクス分野のジェネラリストという位置づけでしたが、まもなくエグゼクティブサーチを専門とするようになり、この9年間はこの分野に専念しています。

リクルーティングでのキャリアにおいて、私は一貫して日本および海外拠点のグローバルな多国籍企業と強いパートナーシップを築き、リテインドベースでエグゼクティブレベルの雇用にますます力を注いでいます。」

ロバート・ハーフ・ジャパンに入社したきっかけは?

アンドリュー・サイパス:

「ロバート・ハーフのエグゼクティブサーチ部門は、世界の中で最も急成長している事業の一つです。前例のない成長期に、エグゼクティブサーチ市場のリーダー的役割を果たすことが自信の大きな成長の機会になると思いました。しかし、おそらく一番の理由はロバート・ハーフの自社の従業員を重んじる姿勢と、感謝を大いに体現する文化に感銘を受けたことです。」

ニック・シール:

「リクルートメント業界での12年の経験を活かし、協力的な社風の会社で信頼できる人たちと新しいものを作りたいという思いから、ロバート・ハーフ・ジャパンのエグゼクティブサーチ事業の創設メンバーになることを決めました。」

今、東京のエグゼクティブサーチの市場では何が起こっているのでしょうか?

アンドリュー・サイパス:

「日本における人材紹介、特にエグゼクティブサーチの歴史は、世界的に見てもまだ浅く、未熟です。ほんの数十年前、多くの有名なリテインド・ファームが日本でのマーケットシェアを獲得するために参入してきました。しかし、コンティンジェントサーチと同様、そのアプローチは日本独自の人材事情に合うよう、多くの修正を必要としました。多くの企業は、このような状況を十分に理解することなく、自分たちが提供できることを過大に宣伝し、期待を裏切ってきました。さらに、後継者育成の不足から、幹部やリーダークラスの人材がかつてないほど不足しており、事態はさらに悪化しています。

ロバート・ハーフ・エグゼクティブサーチは、市場をリードするコンサルティング戦略とサービスをクライアントに提供し、雇用の課題を効果的に軽減しながら、市場の機会を最大限に活用することで、これらの課題に対処しています。」

ニック・シール:

「私たちが提供するのは、単に人材プールを管理するサービスではありません。私たちは、クライアントのタレントアクイジション部門やHR部門の追加機能として、あらゆるチャネルを横断してその隙間を埋める最高レベルのサービスを提供しています。

さまざまなビジネスケースを扱ってきた経験から、クライアントがどのように問題を捉えているかを理解し、個々のビジネスに合わせたソリューションを提供しています。

エグゼクティブサーチ市場は、コロナ禍から平常時に戻りつつある現在、興味深い局面にあります。労働市場の中級・上級レベルでは、人材に対する需要と入手可能性が急速に加速したのに対し、エグゼクティブが直面する圧力と責任が加わった結果、より千鳥足で分断された状況になり、そこに専門的パートナーとして価値を与え、ナビゲートする手助けをしています。」

エグゼクティブサーチのマクロトレンドは?

アンドリュー・サイパス:

「私たちのクライアントの80~90%は多国籍企業で、外資系企業のほとんどが日本国外に本社を置いています。一般的に、英語は必須で、日本語は大きなプラスになります。

日本ではリーダーの欠員が多く、海外からリモートで日本チームをマネジメントすることを余儀なくされている企業が多くあります。3年周期で "駐在 "ローテーションを組むため、管理者が一度も日本に来ないというケースも見受けられました。この問題は、コロナの規制が緩和されたことでようやく緩和されつつありますが、それでも、ほぼすべてのクライアントにとって必須である、日本の現場で活躍できるリーダー人材の不足には対処できません。

私たちは、ロバート・ハーフの世界中に広がるネットワークを通じて、このようなボトルネックに対処することができ、時には海外から日本へ帰国させた人材を、このようなリーダー的役割のために再招聘しています。」

ニック・シール:

「コロナ以前から、エグゼクティブ人材を海外から呼び寄せることへの依存度は低く、場合によっては海外駐在パッケージへの投資も少なくなっていました。出張の多さやコスト意識の高まりにより、この傾向は悪化していますが、リモートワークが可能になったことで相殺されている面もあります。その結果、日本国内でリーダーシップを発揮できる人材を探すことが急務となり、グローバル人材は現地採用や現地プラスアルファのパッケージでコスト負担をより多く引き受けることになりました。また、後継者育成の重要性もこれまで以上に高まっています。

多くの日本企業が、バイリンガルな経営層人材に強い関心を持ち、多国籍企業から人材を採用し、グローバル戦略を強化していいます。これは、これらの人材がこれまで日本の組織で働いたことがない場合でも同様であり、このようなバイリンガル人材への需要の高まりは、労働市場のさらなる競争力強化につながっています。」

ロバート・ハーフ・エグゼクティブサーチは、日本のクライアントにどのようなサポートを提供できるのでしょうか?

アンドリュー・サイパス:

「ロバート・ハーフ・エグゼクティブサーチが他の会社と違うのは、特定の業界に特化していないことです。私たちは、エグゼクティブサーチのジェネラリストです。

ロバート・ハーフ・エグゼクティブサーチの代表であるウェイン・S・メローは、次のように語っています:

「従業員のサーチと採用を成功させる近道はありません。私たちは、エグゼクティブ・リーダーシップの採用結果を改善するために、私たちのリソースと専門知識を提供することで、組織のお役に立てるよう努力しています。」

ニックと私は現場で、企業がCxOやVP/Directorレベルの職務を中心に、優れたリーダーシップチームを構築できるよう支援するとともに、採用プロセスを迅速化し、最終的に企業が最高レベルのエグゼクティブを見つけられるようサポートしています。」

ニック・シール:

「私たちは、高度にカスタマイズされた徹底的なサーチプロセスを採用し、クライアントのニーズにマッチしたエグゼクティブサーチを行います。私たちは、クライアントのミッションや目的を達成するためのパイプ役であり、採用プロセスを効果的にスピードアップさせることができます。

エグゼクティブサーチは、ロバート・ハーフ・ジャパンの東京・大阪二拠点の正社員人材紹介事業と人材派遣事業が持つ、豊富な人材プール、データベース、知識を活用することができます。

私たちはロバート・ハーフという組織の中でコンティンジェントな機能を持ち、組織内のすべての部署と大きな関わりを持ちながらお客様のエグゼクティブサーチのお手伝いをしています。


日本でのエグゼクティブサーチに関するお問い合わせは、ぜひ下記までご連絡ください:

アンドリュー・サイパス マネージング・ディレクター

エグゼクティブサーチ

M: +81 3 4563 9492

[email protected]

 

ニック・シール マネージング・ディレクター

エグゼクティブサーチ

M: +81 80 4134 3433

[email protected]

その他のブログ記事