このページは英語でのみ表示されます。

シナリオ別の要員・人員計画は?

著者 on 2016 年 1 月 5 日

経営幹部が新年の予算を立て、毎月の労働者統計に目を凝らす時期になりました。

それも当然。ビジネスや経済の情勢に変化の兆候があれば、新年の要員を増やすか減らすかの判断に役立つからです。

企業の要員計画は、1つの疑問に答えることから始まります。現在、または近い将来、目的を達成するために十分な数の従業員がいますか?

これは簡単なイエスノー式の質問ではありません。考えられるシナリオは次の2種類です。

シナリオ1:要員は足りている

今後1年間、ビジネス目標を達成するに十分な従業員がいて、要員計画はばっちりだと思っても、いくつかの点を考えてみましょう。でなければ大惨事になりかねません。

何よりも、次の点を自問し、ビジネスの今後の運営に十分な要員を確保する必要があります。

  • 予期しない要員問題にどれだけ速やかに対処できますか? 現在、今後1年間の事業計画を支えるに十分な数の従業員がいるとしても、2020年にビジネスの情勢や優先事項が変わったらどうしますか? 重要なメンバー(あるいは複数のメンバー)が突然退社したらどうしますか? 従業員が辞める理由はさまざまですが、現在の雇用市場で起こらないとは言えません。
  • 適材適所を実行できていますか? 十分な数の従業員がいても、全員が適切なプロジェクトに従事しているとは限りません。2020年の事業目標にはどんなものがありますか? そして、それぞれに達成に従業員何人が携わっていますか? おおまかに言って、目標が重要であればあるほど、多くの人数を割くべきです。一部の従業員の配置を変更する必要が出てくるかもしれません。ビジネスの優先事項が変化し、既存のスタッフに必要なスキルがなければ、新人の採用もありえます。

そのような現実を考慮し、2020年の予算の一部を、予期しない採用に充てることを検討しましょう。突然の要員不足が生じたときに有能なプロフェッショナルを確保できるよう、地域で定評ある人材紹介企業と関係を確立することもお勧めします。良い人材紹介企業なら、自分だけで探すよりもスピーディーに要員不足に対処してくれます。

シナリオ2:増員する予定がある

一方、今後1年間の事業目標に向けて、適切なスキルを持つ人材が社内に足りない場合は、もう少し手間をかけて現実的な要因計画を立てましょう。特に、次のポイントを自問してください。

  • 急いで採用する必要がありますか?急いで採用する必要がありますか? 優秀な候補者に対する需要は高いため、適切な人材を探すには数週間かかることがあります。人材獲得競争の激しい地域なら、もっと長くかかるかもしれません。したがって、2020年の早いうちに増員が必要であれば、すぐに候補者探しを始めたほうが良いでしょう。
  • どれだけスピーディーに採用できますか? 要員計画を立てる際には、すべての関係者が採用の優先度を理解し、予想される給与レベル、勤務開始日などの詳細に合意していることを確認してください。早速準備を始めましょう。最初から詳細を詰めておけば、採用のプロセスがスムーズに進み、優秀な人材を確保する確率も高くなります。
  • どのような要因が採用を難しくしますか? 採用を難しくする、またはほぼ不可能にする要素があれば、明確にしましょう。まずは地域の雇用市場です。候補者の数は多いですか? そのようなプロフェッショナルに対する需要はどうですか? 新人にはどれだけの研修や能力開発が必要ですか? 候補者に提示する待遇も吟味してください。少なくとも競合他社がトップクラスの候補者に提供しているのと同程度を準備する必要があるでしょう。
  • 優先事項を調節すべきではありませんか?緊急性のないプロジェクトは、少なくとも要員の観点から本当に実行できると確信するまで、延期を検討する必要があります。

不要だと思う場合でも、要員計画は十分に考え、労力を注いでください。その価値はあります。人材の観点から自社の現状を本当に理解することが、将来のニーズを把握する基盤となり、予期しない事態に対応する余裕を作ります。

今すぐ要員計画に着手し、新年に備える

もう1つ、多くの企業は第4四半期の採用を控える傾向があります。これは、年末の仕事が難しく、新年から採用を再開したほうが良いだろうと考えるからです。しかし、ブレーキを踏むときではありません。

優秀なプロフェッショナルの供給は少なく、求職者はすぐに就職してしまうからです。需要の高い人材を確保したいなら、常にスピーディーに行動し、積極的に採用しましょう。

このブログは過去に『How to Create a Smart Staffing Plan(賢い要員計画の立て方)』として、ロバート・ハーフUSのブログに掲載されたものです。

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む