なぜ従業員と仕事満足度について話し合うべきなのか?

著者 Robert Half 2019 年 2 月 4 日

スタッフの幸福感を最大限に高めることは現代の労働力に一般的な課題となっています。多くの企業は、幸せで生産的な人々を生み出すことを期待して、柔軟な働き方やチーム作りなど、職場文化「ハック・解決方法」に焦点を当てています。

多くの場合、スタッフの幸福状況を測る最善の方法は、従業員と直接話し合うことです。 では、なぜ仕事の満足度がそれほど重要なのでしょうか?従業員の幸せを確かめ、そしてどのようによりよい職場環境を作り出すことができるのかを尋ねるためにはどのような質問をするべきでしょうか?同様に重要なこととして、この話し合いを行動に移すために必要なステップを確かめるにはどうすればよいでしょうか?

なぜ仕事満足度が重要なのか?

まず、最初に従業員がどのような状態で仕事をしているかを定期的にチェックすることは、ビジネス上意味があります。 Gallup、Towers Watson とPwCによって行われた研究ではすべて仕事の満足度と生産性、決算結果、そして顧客満足度との間に良い関係を見出しました。

幸福はスタッフの離職率にも大きな影響を与えます。 スタッフの後任費用を正確に算出することは困難ですが、Inc.comによると関連する採用費用、トレーニング、生産性の喪失費用をカバーするためには年間給与の150%に達することもあると言われています。中小企業にとって、それは収益に大きな打撃を与えることになります。

The Guardianの報道によると、日本人労働者の約22%が週に49時間以上勤務しているという事実も考慮する価値があると言えます。 それは多くの従業員が家族や友人と過ごす時間以上であり、雇用主は積極的にスタッフが愛着を持ち・独創的で・やる気にさせるような職場環境の改善に働きかけることが重要です。

どのように従業員の仕事満足度を高められるのか?

まず第一に、従業員が実際に自身の仕事に満足していると感じるかどうか、そしてそうでない場合は何を変えるべきかが重要です。 これは、緊急の「近状報告」会議または従業員にアンケートへの記入を依頼することによって、年次事業評価中に行うことができます。

<質問事例:>

  • あなたはその仕事が有意義でやりがいがあると思いますか?

従業員は自身のスキルの限界を試されている時に最も従事し、その仕事の価値を捉える事が出来ます。これは、従業員がより困難なプロジェクトに参加することで恩恵を受けるのか、それともより多くの責任を与えられる人材なのかを見極める良い機会です。

  • 会社が提供するトレーニングやメンタリングに満足していますか?

ほとんどの人は継続的にキャリアを伸ばしたいと考えています。企業が従業員の個人的な開発目標をサポートし、望むキャリアの機会の提供出来れば、長期的に会社に留まる可能性が高くなります。

  • チームをどのように評価しますか?

仕事の満足度の大部分は、人々がどれだけうまく連携しているかに関係しているので、従業員に彼らのチームのパフォーマンスの見方を尋ねることが重要です。
<質問事例>

① チームメンバーは仕事を公平に分担していますか?
② チームメンバーはどの程度協力していますか?
③ そしてチーム内のコミュニケーションは常に率直で正直だと思いますか?

  • あなたのマネジメント経験はどうですか?

会社の経営スタイルとその従業員の日々の満足度の間には直接の関係があります。「上司はあなたが必要とするトレーニングとメンタリングを提供していますか?」と「チームリーダーはあなたが良い仕事をしたことに対してどのくらいの報酬を与えますか?」。これらは人事部員によって360度のフィードバックの一部として尋ねられる質問形式です。

  • どのくらいの頻度であなたはストレスを感じますか?

研究では、慢性的な職場のストレスと欠勤・仕事のパフォーマンス低下・うつ病などの深刻な健康問題との関連性を証明しています。 時には、ストレスは避けられないこともあります。

質問することである従業員には当てはまるけど他には当てはまらないことを理解し「1つが全てに当てはまる」という理念を避けることができます。 例えば、人によっては仕事の不安定によりストレスを感じたりする人や、長期的なキャリアプランを立てることで恩恵を受ける人もいます。 また他には満足のゆく職業につけるまで「否定職」であることの柔軟性を好むこともあるかもしれません。

従業員の幸せ計画を実行

従業員と一緒に「幸せ評価」を実施することが、仕事の満足度を向上させるための最初のステップです。 そして、次のステップは議論が実行に移されたことを確かめることです。

  • 従業員のキャリア開発やトレーニング計画を定期的に更新する
  • 従業員が最も生産性が高く、仕事に従事している時間帯を活用する柔軟な勤務スケジュールに同意する
  • 健康やフィットネスプログラム、毎週の「デジタルデトックス」などのストレスを軽減する活動を提案する
  • チーム会議に電話をかけ、存在するチーム関連の問題を整理する
  • 次回の仕事満足度レビューの日程に同意する

最も幸せな従業員は、同僚や上司から支持されていると感じ、仕事に情熱を注いでおり、効果的であるための必要な手段や資源を持っています。 従業員との率直で誠実な話し合いは、これらを実現するための重要な第一歩です。

楽しく働こう。™ - It's Time We All Work Happy™

ブログからもっと見る。。。

職場環境を改善する6つの方法

社員が嫌がる職場環境は、業績に大きな影響を及ぼす可能性があります。そのような職場にしないための有効な対策をご紹介します。詳しくはロバートハーフのWorklife Asiaをご覧ください。

続きを読む