面接の服装: 適切な服装とは

How To Dress Appropriately For An Interview

面接の服装にお困りですか?それは良いことです。なぜならば、人の第一印象は最初の30秒で決まるといいます。人は本を選ぶ際、表紙の見た目が9割ほど意思決定にかかわるといいます。それほど最初の見た目は大切。貴方が面接で成功するべく、第一印象をよくするコツとアドバイスをご紹介します。

第一印象
人は最初に会ってから30秒以内にその人の第一印象を決めてしまいます。そして悪い印象がついてしまうと、それを変えるにはとても長い時間を要します。調査ではこの重要な30秒の間に、観察者が注意を払っているのは、話している内容に対して7%、していること(どういう風に握手したか、ボディーランゲージ等)に対して38%、そして見た目や相手があなたに対して持つビジュアルイメージへの反応が55%となっています。
自信にあふれ、今のトレンドを反映したビジネスライクな見た目が、あなたのプロとしての装備には欠かせません。ですが、これは何もあなたが最先端のファッションを追ったり、自分の個性を消してビジネスプロフェッショナルとしての「制服」に着替えろという意味ではありません。そうではなく、何が自分に 似合うのか、その理由は何かを客観的に理解することで、自分のプロフェッショナル像を定期的に見直して関わっていくことであり、自分を出来るだけ良く見せる努力をすることです。

頭の先から足の先まで
中途面接の服装は特に、下記の条件を満たしてあなたのプロフェッショナルとしてのイメージを身につけましょう。

  • スタイルの良いカットで手入れがしやすいヘアスタイル。さっぱりした見た目でジェルやスプレーを使わずに整えられていること。ロングヘアの場合は、顔のサイドをあける(後ろで結わく又は顔から離す)ことが、特に男性にとって重要です。
  • 自分の体型にあった服装を選ぶ。自分の体の形に合った服装(体重という意味ではなく、体の線です)を理解することは、飾っているのが美しくて着心 地の悪い制服と比べて大きな差を生み出します。同様に、自分の職に相応しい仕事服の効果的な色みを理解することも重要です。例えば、ある人にとって黒はあまりにも印象がキツ過ぎるが、濃いグレーだと自信があってビジネスライクに見えます。ネクタイに関しては一般的にあまりくどくて派手な、笑いを誘うような ものは不適切です。悪い服装は目を惹きます。面接官があなたの話す内容ではなく着ているものに注意を取られてしまう危険性があります。それを理解した上 で、個々にとってクラシカルかつ個性を出す服装を選ぶようにしましょう。
  • アクセサリーは少なく。一般的なルールとして、宝石やアクセサリーは服装に合わせて選び、そこから1アイテム減らします。男性は太い指輪やブレスレッドは面接官の気を散らせてしまうので避けましょう!女性は、ハンドバックよりは2回りほど大きいブリーフケースを持ちましょう。2つのものを持ち歩くのは不必要で邪魔になります。
  • 必要に応じて眼鏡を新調しましょう。大きなプラスチック製のフレームは時代遅れです。小さく、すっきりした鉄製の眼鏡が今の主流です。ペンでさえあなたのスタイルをもの語ります。管理職はペンで差をつけます。使い捨てで先をかみつぶしたボールペンは論外です。
  • メイクについて。他人はあなたがプロフェッショナルとしての最後のフィニッシュであるメイクをしていない時に限り、すぐに気が付いてしまうものです。馴染みがない人は、化粧の方法についてプロのアドバイスを受けましょう。調査では、化粧をしている女性の方がしていない人に比べて収入が多く昇進も早いと結果が出ています。

最後に一言。重要な最後のフィニッシュを忘れてはいけません。靴を磨きましょう!自分自身で気がつかなくても、面接官は見ています。
疑問があれば、ご自分の体型の特徴やキャリア、これからの展望や予算に合わせて服のコーディネートをしてくれるプロのイメージコンサルタントがいますので、そういったサービスを利用して参考にして下さい。

ロバートハーフは、中途面接の服装についてもサポートします。

このページをシェア