ストレスマネージメント術:仕事のストレス発散に最適な長期休暇の過ごし方

How To Have A Stress Free Vacation

仕事のストレス発散には、仕事自体から抜け出すことが重要です。心も体も仕事から解放するストレスマネージメントでは、長期休みの過ごし方がポイントになります。

常日頃から、何とか仕事のストレス発散が出来ないか、ありとあらゆるストレスマネージメントの方法を模索している人は少なくないでしょう。それほど仕事関係のストレスというのは、常習化しやすいものです。過度なストレスが、心身の健康に影響し始める前に手を打つ必要があります。というのも、現在ストレス関係の疾患は、主に業務量の増加が原因になってきているからです。

こうした状況を改善して、健康を回復できる最も有効なストレスマネージメントとは、長期休みを取って、その過ごし方を工夫することです。つまり、ストレスを忘れるほど、心身ともに十分リラックスをするのです。ビーチでのんびりするというのも良いでしょう。しかし休暇中、会社の業務に支障をきたさずに、うまく仕事から離れる方法なんてあるのでしょうか?

ご心配ありません。当然の権利である休暇を、いかに取るか、そのコツを次にご紹介します。 このコツがあれば、休暇を取ることに対する必要以上のストレスから解放され、上手にストレスマネージメントしながら休暇に繋げることが出来ます。

タイミングがすべて

「大きなプロジェクトが完了したら休暇を取ろう」と考えているあなた、それでは旅行の計画を立て始めることはできないでしょう。よく考えてみてください。仕事が途切れるなんてことは絶対にありえないのです。この場合よい戦術手段は、1年前に予定を立てることです。次の質問の答えが「いいえ」である時期が休暇を取るには最適です。

  • 上司も同じ時期に休暇を取る予定である
  • 同僚数名も同じ時期に休暇を取る予定である
  • プロジェクトの最中に休暇を取る予定である

不在中の準備

休暇が承認されたら、同僚に休暇を取ることを連絡しておきましょう。こうすることで自分が休暇を取る前に、同僚の疑問点を解消することができます。同時に、仕事はできるだけ片づけるようにしてから、休暇中に同僚にフォローしてもらうために明確な指示を記載した引き継ぎリストを作成します。

仕事から完全に離れるべきかどうか

せっかく取った長期休暇の過ごし方も、IT技術が進化した現代、休暇中の仕事に対する対応の仕方で大きく変わってきます。プロフェッショナルであればいつどこにいても、緊急のメールに対応したり、注意深く会社のソーシャルメディアをチェックすることを期待されることも少なくありません。もちろん休暇中、完全に仕事をしないことは不可能でしょう。それでも毎日30分おきにこまめにメールをチェックしなければならないわけではありません。休暇中だということを忘れずに上司やクライアントからの緊急のメールを見逃したらどうしようと不安になるのであれば、そのような不安を解消するためにメールボックスを1日に1回だけチェックしましょう。

旅行はたくさんある仕事のストレス発散方法のひとつにしかすぎません。健康に良い職場をつくるには、ほかにも多くのストレスマネージメント法があります。最初のステップは、当然取るべき休暇を取って、今後もがんばれるように充電する必要があると認識することです。

このページをシェア