定年後の再雇用でコンサルに:団塊世代のセカンドキャリア

Is it time for you to consider a career in consulting?

セカンドキャリアの構築で注目を浴びる団塊世代

キャリアをスタートさせ、管理職を目指す今日のゆとり世代は常に注目の的です。しかし、依然として多くの企業では団塊世代の活躍が求められていることを忘れてはなりません。

理由は明確です。団塊世代の方々が有するスキルに需要があるからです。定年後に再雇用の提案を受けるほど、彼らは欠かせない人材になりつつありま す。現代の経済は専門化が進んでいますが、専門家や専門コンサルタントを見つけるのは至難の業です。ロバートハーフが様々な業界の企業幹部を対象に行った 調査では、特にモバイル、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ビッグデータ、金融規制とコンプライアンスなどに関連するニッチなスキルを備えた人材の獲得が引き続き求められていることが明らかとなっています。

雇用者は複雑なプロジェクトを成功させてきた実績のあるプロフェッショナルを求めています。定年後の再雇用という形を取ってでも、この経験豊かな人 材が組織にもたらす洞察力や知識を得たいと考えているからです。企業は、新しい世代の採用を進める中、有望な若手社員を将来のリーダーに育成できる人材も 同時に必要としているのです。

セカンドキャリアでもプロとして活躍を続ける

団塊世代はチャンスをうまく生かしています。この世代の多くのプロフェッショナルは、定年後も働き続ける意志を固めています。その理由はお金、個人的な満足感、またはその両方です。前述の堅調な雇用統計を見て、今が雇用市場に戻る絶好のチャンスだと考える定年退職済みの団塊世代の方もいるかもしれません。さらに、最近の株式市場の不安定性が将来への不安を煽り、柔軟な勤務形態で働ける仕事は貴重だと再認識させることにもつながっています。

定年が近い、または定年を迎えた経験豊富なプロフェッショナルにとって、セカンドキャリアの選択肢は豊富にあります。そのひとつがコンサルティング業です。

より多くのキャリアアドバイスを見つける

コンサルティング業のメリット

コンサルタントになるには今が絶好のタイミングです。景気後退以後、増大するビジネスニーズを満たしつつ、過剰な雇用を回避するため、フリーのコン サルタントを活用するなど柔軟な人材戦略を重視する企業が増加しています。このアプローチにより、企業は必要なリソースを需要が発生したタイミングから期 間を限定して利用することが可能となります。この柔軟性が、定年後でも無理のない再就職を実現させます。

企業は数週間、数ヶ月、場合によってはそれ以上の期間にわたって実施される特定のプロジェクトや ビジネスイニシアチブにおいて、専門的な知識を提供することができるコンサルタントを探しています。こうした業務はたいていハイレベルかつ多様です。スキ ルや経験によって、合併や買収の支援、新しいソフトウェアやビジネスシステムの導入、重要なマーケティングや広告キャンペーンの指揮、訴訟や電子証拠開示 業務のサポートなどに携わることも出てくるでしょう。

どうしたらコンサルティング業でのセカンドキャリアが自分に合っているか判断できるでしょうか? コンサルティング業のメリットを考えてみましょう。

  • 柔軟な勤務スケジュール — ライフスタイルにあったプロジェクトを選ぶことができるので、適切なワークライフバランスを維持しながら、自分のペースで徐々に隠居生活へとシフトしていくことができます。
  • 高い報酬を得られる可能性 — スキルセットと労働時間の長さによっては、正社員よりもコンサルタントとして働く方が実際に多く報酬を得られる場合があります。
  • 自分が一番楽しめるスキルに焦点を置く — コンサルタントとしての役割では、自分が持っているスキルセットのうち、ほんの一部しか活用しないかもしれません。それでも最も情熱を感じ、楽しめる部分に取り組むことができます。
  • 広がるネットワーク — 仕事関連の連絡先リストが古びることはありません。セカンドキャリアにおいても新しいネットワークを築くことで、人脈をより一層広げることができます。

また、常に興味があったにも関わらず、定年退職以前には縁のなかった特定の企業や業種に、コンサルティング業であれば入り込むことができるかもしれません。様々な種類のコンサルタント業について、詳しい情報を検索してみてください。

コンサルティング業の魅力は何と言っても柔軟性です。定年後の再雇用を考えている団塊世代の方は、いつ、どのようにして隠居生活へとシフトしていく のかを自在に決められるようになります。この業界でセカンドキャリアや「アンコール」キャリアのスタートを切る前に、どのようなポジションが自分の能力に 最も適しているのか、有能なコンサルタントの紹介を専門としている人材紹介会社やキャリアコーチに相談してみましょう。

フリーコンサルタントがセカンドキャリアに適しているかどうかに関する詳しい情報については、こちらからお問い合わせください。

このページをシェア