職場や会社での健康づくり・増進に資する5つの秘訣

著者 Robert Half on 2015 年 1 月 12 日

健康でいることはキャリアアップには大切です。職場で簡単にできる健康づくり・増進の秘訣をご紹介します。

健康に問題があったり、病欠が多すぎたりする社員は、会社にとって重荷と思われかねません。逆に、勤務中、勤務外を問わず、健康を維持する習慣を身につければ、順調なキャリアアップに役立ちます。第一歩として5つの健康づくりの秘訣ご紹介しましょう。

お菓子を絶つ
クリスマスの季節であろうとなかろうと、職場には常に美味しいお菓子を持った同僚がいるものです。うっかりすると、知らないうちにホーマー・シンプソン(アニメ『ザ・シンプソンズ』の主人公)のようにドーナツに溺れてしまいます。ただし、すべて断る必要はないのでご安心ください。半分もらってお礼を言い、立ち去りましょう。

自分でスーパーフードを蓄えておくことも、不健康な間食を防ぐには有効です。クルミ、生のアーモンド、パンプキンシード、有機グラノラバーなどがお薦めです。

ビタミンを補給する
ランチの後は、砂糖たっぷりのフラペチーノやタピオカドリンクを飲みますか?それはNG。甘い誘惑に乗らず、コップ1杯のフレーバーウォーターにしましょう。柑橘類のスライスやキャロットスティックを加えれば、バラエティーも豊かになります。手作りのビタミンウォーターを1週間続ければ、節約にもなります。

習慣を記録する
携帯電話をいじる時間を、健康に最大限に活用しましょう。Calorie Counter & Diet Tracker by MyFitnessPalは、毎日の食事や運動を管理できる優秀な無料アプリです。同僚を誘って同じアプリを使い、記録で競争するのも効果的です(負けた人がランチをおごるルールにしても良いでしょう)。ソーシャルメディアをチェックする都度、このアプリも開いて自分の行動を見直してください。

心の健康が大切
2014年にファレル・ウィリアムスから得た教訓は?

キャッチーな歌のとおりなら、とにかく「ハッピー」でいることです。職場のストレスは静かに健康を蝕みますが、数分間1人になるなど、ちょっとしたストレス解消だけでも、絶大な効果があります。心の健康法に絶対的なルールはありません。自分の容貌に時間やお金をかけるのなら、身体の中で「最もセクシーな部分」と言われる心を無視する手はないでしょう。

運動
ランチタイムにピザを食べに行くかわりに、ピラティススタジオを選べれば上出来です。その効果を1日の終わりまで持続させるために、デスクの横でできる簡単な動きに挑戦しましょう。まずは、定期的に椅子から立ち、背中を伸ばすことです。長時間座っていることが避けられない場合は、血流を最適に維持する姿勢を取ってください。

健康づくりは、キャリアアップを図る秘訣です。皆さんは、どんな方法で心や身体の健康を増進していますか?

ブログからもっと見る。。。

キャリアップにつながるヒューマンスキルを磨いていますか?

業務上必要とされる知識や技術スキルにかかわりなく、どんな職種や業界にも共通する重要なスキルが、ヒューマンスキルです。あらゆるプロフェッショナルにとって、このスキルがあれば、就職活動で大きな武器となるでしょう。しかも、これらのスキルは、キャリアップの過程にも直接影響する可能性が多々あります。

続きを読む

説明が苦手なエンジニア必見!コミュニケーションの極意

優れたコミュニケーション能力を必要とする職場は多いものですが、PR部門や人事部と比べ、技術職者には苦手意識を持つ人も多くいます。これはつまり、ここをおさえれば、技術職として飛躍できる可能性が高まることを意味します。コミュニケーション能力を発揮して新しい技術コンセプトをわかりやすく説明できれば、上司からも同僚からも一目置かれることでしょう。

続きを読む