このページは英語でのみ表示されます。

「人前で話すことが苦手」を克服する5つのアドバイス

著者 Robert Half on 2016 年 11 月 16 日

内気または恥ずかしがり屋の性格を克服し、緊張する場面でも、人前で話すことが得意になりたいと思いませんか? 秘密をお教えしましょう。人前で上手に話すのに必要なのは自信です。

給与交渉を例に挙げましょう。給与交渉をするぐらいなら、虫歯治療、あるいは国税庁の税務調査のほうがましだと言う人も少なくありません。

共感する方は次をお読みください。この5つのアドバイスに従えば、もっと自信を持って人と話せるようになります。

1. 積極的に意見を言う

会議に出席してくれと言われたときに、存在感を消そうとするのはお勧めしません。意見を言いましょう。恥ずかしがり屋の人は、自分の意見に価値がないと思いがちですが、それは大間違いです。あなたの意見を聞く気がないのなら、最初から参加は頼みません。

2. 人前で話す練習をする

チーム全員の前で発表しなければならないときは、数日前から家で何度か練習しましょう。人前で話すのが苦手な人にとって、大切なのは練習です。

リハーサルを聞かせるのは、妻や夫、パートナー、子供、あるいはネコでもかまいません。本番前に練習することで、部屋の前に立ったときも、自信を持って話せます。

もうひとつ、リハーサルでも本番でも、アイコンタクトを忘れないでください。最初は気まずく感じるかもしれませんが、そのほうが権威と統率力にあふれて見えます。

3. 失敗は忘れる

電話で言葉に詰まったり、誤字のあるメールを送ったりしたことがありますか? 忘れましょう。誰にでも職場の失敗はあります。

もちろん、失敗から学び、繰り返さないことは大切です。だからと言って、心の中で会話を何度も復唱したり、自分の文章力を批判されていないか、受信メールをしつこくチェックしたりする必要はありません。今後、どのようにコミュニケーションスキルを高めるかに集中しましょう。

4. 同業者の団体に参加する

毎週40時間も顔を合わせている人より、他社で同じ仕事をしている人の前で話すほうが気楽かもしれません。それに長期的に見れば、人脈づくりは自信アップに大きく役立ちます。意見やアイデアを言うことに慣れれば、職場でも苦手ではなくなります。

5. 少しずつステップアップ

自分で小さな目標を設定し、少しずつストレスに慣れましょう。たとえば月曜日の目標は、毎週のスタッフ会議で質問をすることと決めます。目標を達成したら自分にご褒美を与え、次はワーキングランチに同僚を誘うなど、新しい目標を設定します。

目標を達成するごとに自信がつき、気がつけば「人前で話すことが苦手」ではなくなっているでしょう。ソフトスキルに関して言えば、これはキャリアアップに非常に有利です。

内気または恥ずかしがり屋の人にとって、ここに挙げたアドバイスの実行は最初は苦痛かもしれません。しかし、実行する価値はあります。徐々に自信がつき、いつか「話すのが上手な人」と仲間に感心されるようになり、なぜ昔はそんなことができなかったのだろうと不思議に思うかもしれません。

この記事は、過去に「5 Tips to Build Killer Communication Skills (Even if You’re Shy)(人前で話すことが苦手」を克服する5つのアドバイス」 として、ロバート・ハーフUSのブログに掲載されたものです。

ブログからもっと見る。。。