このページは英語でのみ表示されます。

出世が早い人に習う6つのコツ

著者 Robert Half on 2017 年 2 月 26 日

出世が早い人は確かにいます。その人たちの何が違うのでしょう?

昇進は一日にして成らず。ただで手に入るものでもありません。何カ月も何年も地盤を整えてこそ、夢の仕事を手に入れるチャンスが訪れます。

出世を望み、昇進に値する人材と認められたいなら、ぜひ次に紹介するアドバイスを参考にしてください。

1. 約束は控えめ、成果は大きめ

能力を示すのは、何よりも仕事の成果です。常に期待を上回る業績を上げれば、昇進候補にのぼることは間違いありません。

2. 自分をアピール

謙遜は美徳ですが、良い仕事をするだけでは足りないこともあります。出世の早い人は、機会あるごとに業績をアピールし、企業の成功に貢献していることを伝えます。自信過剰になることなく、自分のサポーター兼プロモーターになってください。上司になりそうな人と話す機会を作り、その人のチームで重要な役割を担いたいと伝えることも重要です。

3. 明るさとプロ精神

不満ばかり言うネガティブな人と働きたい人はいません。経営者は「障害」ではなく「機会」を見出す人材を探しています。問題解決能力や将来の可能性を見る能力を認めてもらうよう努力しましょう。言うまでもなく、プロフェッショナルな態度も重要です。身だしなみに気を付け、時間を守り、協調的で生産性が高く、難しい議論でも攻撃的になってはなりません。

4. 貴重な人になる

誰にでも代わりの人材はいます。しかし、上司をしっかりとサポートし、あなたなしでは仕事ができないと思わせれば、上司の昇進に伴って、あなたの地位も上がるはずです。上司と固い絆を結んでいれば、他の部署での出世を望んでもサポートしてくれます。常に複数のプロジェクトで複数の上司と働いている場合は、それぞれの期待に応え、相反する利益に慎重に対処してください。

5. 社内で人脈を作る

出世の早い人は、上司に限らず人脈を持っています。社内のあらゆる部署に知り合いを作るよう努めましょう。昇進は、複数の人間が相談して決めるのが普通です。人事には多くの人間の利害が絡んでいます。全員があなたのことを高く評価すれば、早く昇進する可能性は高まります。メールでの付き合いに頼らないことも重要です。昼食を一緒に食べるなど、他の社員との交流に努めましょう。

6. メンターを見つける

最後になりましたが、出世が早い人は、リーダーとしての心構えを教えてくれるメンターも持っています。高い役職にある人と強い絆を持っている人は、出世が早い傾向にあります。自分を支持し、良い評判を立ててくれる人が、社内の要所要所にいれば、決して損にはなりません。

昇進は適切な手順を踏んでこそ

昇進は、企業が社員の貢献を認め、将来も残ってほしいと思っているという証拠です。しかし、生産性の高い人にとっても、昇進はすんなりもらえるというより勝ち取るものです。昇進を目指すなら、出世が早い人からコツを学び、適切な手順を踏むことを心がけてください。

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む