このページは英語でのみ表示されます。

身に付けるべき6つのプロジェクトマネジメント(PM)スキル

著者 Robert Half on 2016 年 12 月 8 日

ビジネスプロジェクトが増え、複雑化するにつれ、タスクの計画、実行、完了を成功させるプロジェクトマネージャーの役割が重要になります。

マネージャーの採用においては、現場での経験に関して個人的な好みに分かれるかもしれませんが、日本の企業は基本的に6つのプロジェクトマネジメントスキルを求めています。

1. コミュニケーション

日本企業が求めるプロジェクトマネジメント(PM)スキルの1つは、口頭と筆記のコミュニケーションです。プロジェクトマネージャーは、プロジェクト実行の一環として、定期的に主要関係者に連絡や報告をする必要があります。業界特有の専門用語を簡素化し、さまざまな関係者が共感する形でプロジェクトを提示するには、優れたコミュニケーションスキルが役立ちます。

コミュニケーションスキルを磨くには、業界の流行り言葉やベストプラクティスに親しむことです。また、新旧のコミュニケーションメディアに適応し、世代、文化、コミュニケーションスタイルを問わず、関係者と効果的に意思を疎通することを学びましょう。

2. 対人スキル

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの管理と統率だけでなく、チームの一員としても採用されています。プロジェクトマネージャーを採用する企業は、優れた対人スキルを持ち、チームのやる気を高める人材を好みます。

このプロジェクトマネジメントスキルを磨くには、リーダーシップスキルを着実に強化し、職場でのソフトスキルを高める必要があります。メンターへの相談や他の部門や企業のビジネスリーダーとの交流を通じて、さまざまな働き方や需要に触れるのも良い方法です。

3. スケジュール管理

プロジェクトマネジメントでは「時は金なり」。マルチタスキングや権限の委譲によって巧みにスケジュールを管理するプロジェクトマネージャーは、日本市場で最も求められるプロジェクトマネジメントスキルの持ち主です。

4. 細部に行き届く目

プロジェクト成功のポイントは細部にあることが少なくありません。細部に無関心でも、こだわりすぎても、プロジェクトのスピードが落ちます。

幸いにも、細部に注意する能力を磨くには、他のプロジェクトマネジメントスキルをマスターするほど時間がかかりません。物事の整理を心がけ、今後のプロジェクトでは具体的なチェックリストを作成してみましょう。

プロジェクトの実行と成果における落とし穴に全員が注意できるよう、現実的な期限や予算を交渉することも、プロジェクトチームのペース配分に役立ちます。

5. 問題解決スキル

ビジネスプロジェクトやITプロジェクトは複雑な性質を持つため、予想外の問題が生じることがあります。企業は、そのような場合の被害を最小限に抑えるコンティンジェンシープランをプロジェクトマネージャーが持っていることを期待します。

問題解決スキルのあるプロジェクトマネージャーは、複雑で関係者の多いプロジェクトを扱う企業で非常に高く評価されます。

問題解決は考え方であり、そのスキルは、日常生活の問題を解決することで磨かれます。何をするときも、もっと効果的あるいは効率的な方法がないか自問しましょう。

6. 交渉

企業は、プロジェクトマネージャーに高い交渉スキルも求めます。マネージャーは、プロジェクトの実行において利害の異なる(一致しない)関係者も扱う必要があるからです。

優れた交渉力により、さまざまな関係者の利害を理解し、前向きな協力でプロジェクトを成功に導くことができます。

上手に交渉するには、まず上手な聞き手になりましょう。相手の利益、ニーズ、優先事項、制約を理解して初めて、相互に有益な選択肢を提案できるからです。さまざまな関係者の利益を反映した複数の案を提示することは、プロ精神だけでなく、関係者全員の利害を理解していることの証明です。

需要の高いプロジェクトマネジメントスキルの習得

実務にもソフトスキルにも強い優れたプロジェクトマネージャーは、どんな企業にとっても貴重な資産です。ここに挙げた6つのプロジェクトマネジメントスキルを高めれば、日本企業の求めるプロジェクトマネージャーとなることができます。

スケジュール管理には、時間、コスト、リソースの管理が含まれます。上手なスケジュール管理を学ぶには、未来のプロジェクト>

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む