パーソナル(自己)ブランディングする前に気をつけること

著者 Robert Half on 2020 年 3 月 2 日

多くの分野のプロフェッショナルにとって、採用はスキルだけで決まるのではありません。自己アピール、つまりパーソナルブランディングも重要です。

パーソナルブランディングは仕事の分野を問いません。パーソナルブランディングとは、大勢の中で際立つことであり、それはどの業界でもプラスだからです。

求職活動を始める前に、パーソナルブランディングに関する5つのアドバイスをお読みください。

1. パーソナルブランディングの意味を理解する

ブランディングを効果的に活用するには、この段階が不可欠です。パーソナルブランディングの出発点は、スキル、経験、過去に働いた場所です。しかし、キャリア上の目標、業界や社会との接点も含みます。言い換えれば、レジュメと目標を統合し、求職活動において生き生きと表現することがパーソナルブランディングです。

2. どんな人間になりたいかを明確に

パーソナルブランディングとは事実上、これから売り込む評判を作ることです。ですから最初に必要なのは、どんな人間になりたいかを明確にすることです。形容詞で考えてみると簡単かもしれません。働き者として知られるようになりたいですか? 親しみやすい? 頼りになる? 独創的? 順応性が高い? どうなりたいかが明確であるほど、強力なパーソナルブランドを人事担当者に印象づけることができます。

3. 客観的に自分を見つめる

自分から見た自分と他人から見た自分は、どれだけ一致していますか? パーソナルブランディングは、その2つの認識をぴったり合わせる手腕です。したがって、パーソナルブランドの改良や最適化には、他人が自分をどう見ているかの明確な理解が必要です。たとえば、自問してみましょう。同僚は何についてのアドバイスをあなたに求めますか? 業績査定でどのような点を誉められましたか? 自分が望む自己イメージと一致していないフィードバックは何ですか? そして、他人の認識が自分の認識と近くなるまで、自分の行動を調節し、改善しましょう。

4. 前もって計画する

パーソナルブランディングは、継続的な目標達成の一環であることを忘れてはなりません。たとえばCFOやCEOになりたい人には、リーダー、あるいはビジョンがある人、つまり本能的に全体像が見える人というパーソナルブランドをお勧めします。転職するときは、そのパーソナルブランドを活用してカバーレターを書き、面接の質問に答えます。これで最高責任者クラスの仕事に応募する前から、CFOのイメージが出来上がることでしょう。

5. オンラインとオフラインでブランドを体現

パーソナルブランディングを計画したら、日常的な行動に反映させましょう。こう見られたいと思う姿をアピールする練習をします。つまりブランドを体現することです。オンラインでのイメージもそれに一致させることを忘れずに。特に、求職活動で人気ナンバーワンのLinkedInに注意してください。

パーソナルブランディングを計画したら、日常的な行動に反映させましょう。こう見られたいと思う姿をアピールする練習をします。つまりブランドを体現することです。オンラインでのイメージもそれに一致させることを忘れずに。特に、求職活動で人気ナンバーワンのLinkedInに注意してください。

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む