ハッカソン(Hackathon)とは? そのメリットは?

著者 Robert Half 2019 年 9 月 9 日

ハッカソンとは、「ハック」と「マラソン」の合成語です。もともとは開発者が短時間でアイデアを出し合ったり、有用なアプリを作ったりするための集まりでした。

現在、ハッカソンはIT(情報技術)業界で頻繁に行われています。今では、デザイナー、プロジェクトマネージャー、内容領域専門家(SME)も開発者と協力して新しい技術を開発しています。ハッカソンはIT業界の革新のきっかけとなるでしょうか?

創造的(技術的)思考の促進

日常業務ではプロジェクトの成果が優先され、創造性は後回しですが、ハッカソンでは比較的低い失敗でリスクを負うことを奨励します。そもそもハッカソンの目的は、参加者が限られた短い時間(週末など)でソリューションを生み出すことであり、「敗者」に罰はありません。

このような機会に開発者は新しいコードを試し、仲間と意見を交換し、新しいアイデアの叩き台を作ります。多くの国で、ハッカソンは世界的な革新の中心として開発作業をスピードアップしています。

H意図的に実験を奨励することで、企業や業界全体の革新を促進しているのです。ハッカソンは、実用的な新しいアイデアや概念をブランドに提示し、日常的には注目されにくい創造性と問題解決スキルを育みます。

大企業でも新製品の開発に大きく貢献しています。たとえば「いいね!」ボタン、 Facebookチャット, コメントでのタグ付けなど、Facebookの便利な機能のいくつかは、Facebookのハッカソンで開発されました。

業界の壁をまたぐコラボレーションを推進

コードが変化の世界共通語となっている世界で、ハッカソンは、幅広い現実的な問題の解決に向けて、技術や業界の専門家のコラボレーションを促進します。

身近な分野では、財務やIT(情報技術)など、複数の主要業界にわたる革新的なアプリケーションが求められています。ハッカソンは、技術者が業界インサイダーと話し合い、自分のプログラムの企業における用途を理解する場となります。

IT業界の多様化を促進

ハッカソンは、オープンな共同作業の形式であり、複数の業界に見られる具体的な問題の解決にも適しています。多様化もその1つです。

具体的な課題や問題に関するハッカソンを開催することで、企業はさまざまな経歴を持つプロフェッショナルに門戸を開き、参加するプロフェッショナルは自分の能力を発揮し、キャリアアップのチャンスを得ることができます。

業界と開発者の溝を埋める

デジタル革新が日常的な現代において、企業が技術に関心を持ち、自社向けに調整することは重要です。でなければ、リスクが放置されてしまいます。運営者または参加者としてハッカソンに関わることで、企業はソフトウェア開発者や技術起業家と交流し、革新的なアイデアを生み出すことができます。

ハッカソンは、企業にとって業界の課題に注目し、技術者とともに自社の問題を解決するプログラムを開発する有効な機会です。開発者やユーザー体験の専門家と接することで、自社の製品やサービスの開発に役立つ人材を調達し、市場で優位に立つことができます。

優秀なIT人材の採用に役立つ

ハッカソンは、ソリューション志向のイベントですが、企業が社内や社外から技術者をスカウトする絶好の機会でもあります。ハッカソンを運営する企業は、参加者がどのように問題解決スキルや時間管理スキル(どちらもIT分野の成功で成功するには必須のスキル)を駆使してプログラミングに取り組むかをじかに見ることができます。

レジュメからスキルを間接的に分析するより、ハッカソンのほうが、候補者が自社で何ができるかを具体的に把握できることになります。

ハッカソンでの人材探しは、自社の敷地内に限られません。オンラインで国際/バーチャルハッカソンを開けば、企業は国外から人材を調達し、国際市場向けのソリューションの開発も可能です。

IT起業チームの力試し

投資調査会社の CB Insights、によれば、スタートアップ企業が失敗する理由のトップ3に挙げられるのが「チーム編成が良くない」ことです。つまり、スタートアップ企業が生き残るためには、チームの各メンバーが効果的に協力する必要があります。

ペースの速いハッカソンは、スタートアップ企業での技術者の協力体制を「テスト」する絶好の場です。このプレッシャーの高い環境で、未来の起業家はチームメイトの資質を綿密に評価できます。

ハッカソンは技術的課題解決の中心

現代のハッカソンは、もはや開発者の遊び場ではありません。技術以外の専門家も参加して、各業界の革新を推進します。ハッカソンは、最先端の技術が実世界のニーズと出会い、有意義なアイデアが交わされる理想的な環境なのです。

ブログからもっと見る。。。

プレゼンティーイズムは職場に影響を及ぼす

プレゼンティーイズム(病欠すべきなのに職場に来る習慣)は無害で、むしろ仕事熱心で称賛すべき行動のように見えます。しかし、プレゼンティーイズムには多くの隠れたコストがあるため、経営幹部やスタッフは、それを見極め、防止する方法を知っておく必要があります。いくつかアドバイスをお読みください。

続きを読む