求人応募で、自分の批判的思考能力を強調する方法

著者 Robert Half on 2021 年 5 月 10 日

昨今の採用担当マネージャーは、高い批判的思考を持つ従業員を求めています。

批判的思考能力を伝えるのは、実務スキルをレジュメに列記するほど簡単ではありません。

ここでは、求職中に批判的思考スキルをアピールする方法をご紹介します。

レジュメを見直す

レジュメには、単に批判的思考や他のソフトスキルを挙げるだけでなく、仕事の内容や成果と結び付けて説明することが重要です。自分の批判的思考がプロジェクトの成功にどのように貢献したかを示してください。「明確になった」「分析した」「成し遂げた」など強い動詞で功績を表現しましょう。可能であれば、もう一歩踏み込んでプロジェクトに関する数値(売上の増加など)を示します。具体的な成果を挙げることが求職の成功を助けることは間違いありません。

ビジネスケースを提示する

紹介するのは実績だけではありません。各プロジェクトを最初から最後まで簡潔に分解すれば、問題解決スキルもアピールできます。記述での概要と口頭でのプレゼンテーションの両方を通じて、当面の課題、自分が考えた解決策、解釈のプロセスを強調し、問題の評価と解決方法を説明しましょう。自分の判断に基づくビジネスケースを提示し、特にその成果を具体的な数値で示すことができれば効果的です。

面接で批判的思考スキルを示す

意思決定や問題解決のスキルをどのように実践したか、その証拠を求める採用担当マネージャーは少なくありません。求職活動では、結果だけでなく、結論に至る経過にも重点を置いてください。面接官は、正しい、または間違った回答ではなく、思考パターンを知りたがっていることをお忘れなく。調査を行ったり、適切な情報源を参照したり、あるいは選択肢、情報、類似した過去のシナリオをじっくり検討した例を挙げましょう。

重要な意思決定を下したり、難しい問題を解決したりした例をいくつか用意して面接に臨んでください。それらは、意思決定や批判的思考のスキルについて尋ねられなくても会話に挟むことができます。

求職者としては実務スキルを磨く必要を感じるかもしれませんが、柔軟性、チームワーク、バランス感覚を兼ね備えた従業員を求める採用担当マネージャーもいることを覚えておいてください。求職活動で批判的思考スキルをアピールすれば、彼らの支持を得られるかもしれません。

この記事は過去に 批判的思考をアピールし、仕事を獲得するには としてクリエイティブ・グループのブログに紹介されたものです。

ブログからもっと見る。。。

キャリアップにつながるヒューマンスキルを磨いていますか?

業務上必要とされる知識や技術スキルにかかわりなく、どんな職種や業界にも共通する重要なスキルが、ヒューマンスキルです。あらゆるプロフェッショナルにとって、このスキルがあれば、就職活動で大きな武器となるでしょう。しかも、これらのスキルは、キャリアップの過程にも直接影響する可能性が多々あります。

続きを読む