このページは英語でのみ表示されます。

自己プロデュースで自分をブランド化すべき3つの理由

著者 Robert Half on 2016 年 1 月 12 日

ブランド化が必要なのは企業だけだと思っていませんか?

ここで解説しましょう。今や個人にとっても、自分のイメージや主張を他人にアピールするためのブランド化が重要になりつつあります。

この記事では、なぜ自分のブランド化が必要なのかを検討し、自己プロデュースを始めるためのアドバイスをご紹介します。

自己プロデュースが重要である理由

1. 仕事関連の人脈を拡大s

強力なブランドがあれば、まず人の注意を引くことができます。そしてLinkedInで他のプロフェッショナルとつながるなど、似たような考えの人が集まってきます。良い人脈を持つことは、特に求職活動においては極めて有用です。知り合いからチャンスが得られるかもしれませんし、それまで考えたこともなかった道が開けるかもしれません。

2. 自分の専門性をアピール

名前を売り込むと同時に、業界内の専門家として地位を確立しましょう。そうすれば、あなたの実績や知識も知られるようになります。人々が自分の言葉に耳を傾けてくれることは、キャリアにおいて極めて有利です。将来の雇用主に自分が価値をもたらすとアピールできるからです。

3. 自分を際立たせる

求人に応募する際、たいてい応募者は1人ではありません。したがって大勢の中で目立ち、独自の存在として自分を差別化することが重要です。求職先の企業に提出する基本的なレジュメとカバーレターだけでなく、強力なブランドを作っておけば、人の目に留まり、覚えてもらいやすくなります。

自己プロデュースで自分をブランド化する方法

先を読む前に、検索エンジンを開いてください。自分の名前で検索した結果はどうでしょうか。Facebookのページをお持ちなら、おそらく上のほうに表示されます。LinkedInのプロフィール写真や、あればブログが表示されるかもしれません。これらすべてがブランドを構成します。つまり皆さんは、自覚がなくてもすでにブランドをお持ちなのです。実は、SNSやGoogleなどの検索エンジンのおかげで、今では自分のブランドを持たないほうがほぼ不可能になりました。

しかし、偶然に任せていてはいけません。ブランドを有効に活用するには、ブランドを自己プロデュースし、継続的に管理する必要があります。他人の感情を100%操ることはできませんが、ある程度なら簡単な手順で他人が自分に抱く印象を作ることができます。

1. どのように見てほしいかを決める

どんなビジネスでもそうですが、長期的な計画から始めましょう。自分が他人にどう見られたいかを決め、後で見直すことができるようにブランドステートメントも書きます。重点を置くのは、自分の好きなこと、目標、口調です。ニッチな専門性を強調するなど、自己プロデュースでどのように他人との違いを目立たせるかも考えます。しかし、自分らしさがあれば、真の個性がにじみ出し、自然に独自の存在になることを忘れないでください。

2. オンラインアカウントを強化する

他人にどのように自分の情報を見つけてほしいかを考えます。LinkedInやTwitterなど、SNSアカウントの作成も自分をブランド化する手段です。次に、特定分野における自分の専門知識を披露するウェブサイトやブログの作成を検討します。使用するすべてのプラットフォームに一貫性を持たせ、定期的に更新しましょう。

SNSは双方向の会話ですから、コンテンツを公開して読んでもらうだけでなく、他のプロフェッショナルとの交流も大切です。たとえば、LinkedInのグループに参加して会話を始める、Twitterでアンケートを取る、ブログの一番下のコメント欄で特定のトピックについての意見を求めるなどです。

既存のオンラインアカウントについても、満足のいくものかどうかチェックしてください。たとえば、雇用主があなたのFacebookページにたどりついて、最初に目に入るのが夜遊びの写真で良いでしょうか? プロフェッショナルにふさわしくないものは削除し、プライバシー設定の変更も検討しましょう。

3. オフラインの力を侮らない

オンラインアカウントに加え、オフラインブランドの構築にも時間を割きましょう。見た目に気を配り、業界イベントに出席するほか、トレードショーで人脈づくりに努め、出会った人に仕事用の名刺を渡すことをお勧めします。自分のブランド化をデジタルメディアに限る必要はありません。

4. ビジュアルな要素を加える

自分のブランドに対する理解を深め、他人へのアピールにも役立てるため、自分のブランドのすべての特徴を盛り込んだビジュアル要素を作るのも効果的です。文章で書くにしても、ムードボードを作成するにしても、これは自己プロデュースの有効な手段となる可能性があります。

自分のブランドの自己プロデュースに役立つリソースを探しましょう。たとえば、簡単なステップバイステップの自己ブランド構築ツールで自分のウェブページを作れば、同僚、業界関係者、将来の雇用主などに、自分のブランドを伝えることができます。

さて、ぐずぐずしている暇はありません。今すぐ自己プロデュースで自分をブランド化し、注目を浴びましょう。

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む