このページは英語でのみ表示されます。

「仕事を今すぐ辞める」と判断することのリスク

著者 Robert Half on 2016 年 1 月 9 日

仕事で不満が募ると、すべてを投げ捨てて出て行きたくなります。

しかし、「辞める」と言う前に、深呼吸して、それが正しいかどうか考えてください。

仕事を今すぐ辞めると決断する前に、次の3つの点を検討しましょう。

1. 後悔するリスク

現時点で不満の原因は数多くあるのかもしれません。すべて仕事のせいにして「辞める」と言うのは簡単です。しかし、自分の状況を十分に考えずに行動を急ぎすぎると、後悔する可能性があります。

本当に仕事が問題なのか、次の点を自問してください。

  • 本当にひどい状況ですか?
  • 具体的に何が嫌いなのですか?
  • 何がうまくいっていないのですか?
  • 仕事の良いところは何ですか?
  • 仕事の良いところと悪いところとどちらが大きいですか?
  • 現在の会社で別のポストを目指すことは可能ですか?

仕事が不満の主な原因かどうかを明確にした上で、解決策を模索します。職場での問題は、何らかの方法で克服できる可能性があります。職務内容や勤務時間を少し変更してもらえるよう上司に相談する、同僚と話してチーム内の問題を解決するなどです。

上記の点をすべて検討して、やはり仕事が問題であり、解決できないと感じる場合は、あらゆる選択肢を考慮したという確信を持って、今すぐ仕事を辞めて良いでしょう。

2. キャリアが途絶えるリスク

仕事を辞める前に、その後の計画を立てましょう。やはり定期的な収入を得、キャリアを積んでいく必要があるからです。頻繁な転職を避けることも重要です。辞めるという早急な決断を繰り返せば、行動が不安定な人物という印象をレジュメが与えます。ですからこの段階で、将来のキャリアを計画する必要があるのです。

転職する前に慎重に考えてください。今より良くて、しかも今と同様の問題がない仕事を見つけるには、意外に時間がかかるかもしれません。

次の第一歩を賢く踏み出すには、辞める前にすべての選択肢を検討し、計画を立てることです。

  • 現在の雇用市場を調査しましたか? 業界の求人状況を調べ、自分のスキルや職種に需要があるかどうか判断することは、明確な決断に役立ちます。
  • この機会に次の仕事の準備をすることは可能ですか? たとえば、現場の仕事からチームリーダーに上りたい場合は、リーダーシップスキルの短期コースを受講し、知識を蓄えるとともに、レジュメに記載すると良いでしょう。
  • 次の仕事に向けた準備は、退職願を出す前の現実的な行動です。これで現在の会社を辞めた後の再就職に関するリスクを避け、プロセス全体のストレスを軽減します。

3. 退路を断つリスク

仕事を辞めることには退路を断つリスクが伴うため、プロフェッショナルに手続きを進めることが重要です。感情が高ぶり、上司との関係に緊張があって、結果を考えずに辞めると、衝突が生じることがあります。

この段階が重要なのは、誰も将来を予想できないからです。過去の上司に推薦状を書いてもらう必要が出てくるかもしれません。ですから深呼吸して、将来に備えたプロフェッショナルな行動を取ってください。

退路を残して辞めるために、次の点に注意しましょう。

  • 退職届を出すときに、上司の机に叩きつけ、軽やかに去っていくような態度は避けるべきです。静かに、慎重に行動しましょう。
  • 友好的に仕事を引き継ぐためにできるだけのことをし、好印象を心がけます。時間に余裕を持って退職を告げるだけでなく、プロフェッショナルな態度で良好な関係を維持してください。

「仕事を今すぐ辞める」ときの心構え

辞めるという決断を下す前に、すべての選択肢を考えることで、できるだけの努力をしたという落ち着きが得られます。

また、プロフェッショナルとして行動したという自信により、スムーズに次の段階に進むことができるでしょう。

ブログからもっと見る。。。

悪い上司の兆候トップ8

最初の4つで浮き足立つことは間違いありません。 悪い上司の兆候8つのうち半分以上に当てはまるようであれば、逃げ出したくなるのも当然です。

続きを読む