対人スキルを面接でアピールする方法

著者 Robert Half on 2020 年 2 月 24 日

面接を受けるときは、たとえ圧倒的な技術資格を持っていたとしても、対人スキルをアピールすることも忘れてはなりません。多くの候補者の中で優位に導くのは、優れた対人スキルと言っても良いほどです。

なぜなら人事担当者は、高い社会性と対人スキルがある人材なら、同僚、顧客、そのほか誰とでも、うまくやっていけると確信するからです。また一般に、職務に必要な技術的スキルを教えるほうが、ソフトスキルを高めるより簡単であることも知っています。

多くの仕事では人と接するため、対人スキルは重要というより、優れた業績に必須と言っても過言ではありません。ここでは、どんな雇用主も驚かせる3つの対人スキルとそれを面接で披露する方法をご紹介します。

1. コミュニケーションスキル

特に強い印象を与えるのは、情報やアイデアを言葉で明確に伝えるスキルです。

人事担当者の質問を注意深く聞き、簡潔でまとまった受け答えをしましょう。

言葉以外のコミュニケーションスキルも軽視できません。アイコンタクトをしっかり取り、ボディランゲージやジェスチャーにも注意してください。

2. リーダーシップスキル

雇用主にとって本当にプラスなのは、プロジェクト、リソース、同僚に気を配り、最適な結果を出せる人材です。

たとえプロジェクトを指揮したことはなくても、リーダーシップを発揮する状況に立った経験はおそらくあるでしょう。

過去の経歴を見直し、新しいスタッフのトレーニングを買って出たり、より効率的な計画やプロセスを提案したりしたときのことをアピールしましょう。

3. 交渉スキル

厳しい状況下でも他人と協力する能力は、人事担当者に対する強力なセールスポイントです。チームワークを得意とする前向きな面を見せましょう。言い争いをまとめ、チームの結束を維持した経験を思い出してください。

ただし、過去の同僚や上司のことを話すときは慎重に話しましょう。他人の悪口は自分にマイナスとなります。

面接の練習をするときは、人間関係における自分の強みを常に考えます。

経験を通じて対人スキルを高める

対人スキルに重点を置くことは、競争で優位に立ち、理想の仕事を手に入れる上で非常に有効です。

そのようなスキルを磨く方法として、日常的な職場の状況に対処するテクニックを、どのように習得しているかを説明してみましょう。

ブログからもっと見る。。。