経理の海外勤務:海外経験は経理キャリアアップの近道

Passport to promotion? Working overseas can lift your finance career.

海外経験を積むことは、経理におけるキャリアアップを考慮すると、正しい選択かもしれません。

経理としてのキャリアアップを成功させるには、有能で勤勉なだけでは十分ではありません。実際、あなたがどれだけ豊富なスキルと経験を持ち、ステップアップの準備ができていても、キャリア競争で先を越される場合があります。

ただのんびりと順番を待つのが嫌なら、どうしたら良いでしょうか?待つ以外に出世を可能にする方法はあるでしょうか?この場合、転職して経理分野の海外勤務をするという手があります。

海外勤務経験のメリット

ビジネス界のグローバライゼーションが進み、世界中で24時間365日取引が行われている中、雇用主は外国で働き、異文化対応力と語学力を身に付けた候補者を求めています。

グローバル市場で事業を展開する企業は、様々な業務慣習、文化、ビジネス慣行を理解している人材を必要としています。そして2人の候補者が同様に優秀で組織との相性も良ければ、雇用主は海外勤務経験がある人を選択する傾向にあります。

海外経験を積むことは、キャリア開発において多くの点でメリットがあります。例えば、文化の違いへの理解力をはじめ、コミュニケーション・言語力強化や、グローバル市場の把握、特定の製品に関する知識の習得もメリットになります。さらに、職業倫理の向上、技術的専門知識の習得、国際会計・規制・銀行に関する基準の理解などもそうです。

プロは機会を活かしている?

雇用主は、経理における海外勤務経験の長所を認識していて、実際に国際業務に携わったグローバルな見識を持つ財務プロフェッショナルを、明らかに高く評価しています。このようなメリットがあるにも関わらず、転職や昇進希望者がこうした機会を実際に活用する例は少ないようです。

現状では、履歴書に海外経験を記載できる候補者数が比較的少ないために、海外勤務はキャリア開発において非常に貴重な要素となっています。

海外でのポジションを得る

ではどうしたら経理の海外勤務経験を積むことができるでしょうか?最初に考えられるのは、国際的な組織で働くことです。主要な金融都市に拠点を置いている企業であれば、従業員の移動は多いでしょう。

人脈をグローバルに広げるのも非常に良い方法です。国際的な業界団体と関われば、人脈を築き上げるのに役立ち、海外や国際業務問題に対する知識を増やすこともできます。

人材紹介会社に登録するのも1つの方法です。紹介企業が海外ポジションに適切な候補者を探してほしい、と人材会社に要請することがあるからです。地元の人材会社と関係を築き、維持していれば、非常に良い話がある時に優先して一番に声をかけてくれるかもしれません。

まとめ

グローバル化、国際的な規制と銀行規制への適応が急速に進む中、経理での海外勤務経験のある専門家に対する需要が高まっています。国際的なノウハウの価値は高いにも関わらず、履歴書に海外経験を記載できるプロフェッショナルの数は比較的わずかです。

そのため海外経験があれば、経理のキャリアアップにおいて、他の候補者よりも優位に立つ可能性が高くなります。もちろん能力を常に磨いておくことは重要ですが、最終的に海外勤務経験が決め手となるかもしれません。

このページをシェア