休暇を取るための準備

Preparing For A Vacation From Work

もうすぐ休暇を取るご予定ですか? ここでは、仕事のストレスから解放されて充実した休暇を過ごすためのヒントをいくつかご紹介します。

スマートフォンやタブレットで仕事に縛られることが容易な時代となり、職場に仕事を置いてくるのは難しくなりました。しかし、仕事とプライベートの健康的なバランスを維持するために、休暇を取ることは非常に重要です。仕事についてばかり考えずに休暇をリラックスして過ごすことができるよう、休暇を取る前には、以下にご紹介するヒントを参考に職場を離れる準備を進めてみてください。

タイミングが全て
大きなプロジェクトが近々予定されている場合は、もちろん休暇を取るには適切な時期ではありません。休暇の計画を立てる際には、プロジェクトや職場の仲間たちのことを考慮しましょう。1年で最も忙しい時期にあなたの分を同僚にカバーさせるようなことはするべきではありません。そのような行動は不公平であるだけでなく、あなたが激務から逃げ出そうとしているかのような印象を上司や仲間に与えることになりかねません。

しかし、休暇の予定日が職場の繁忙期と重なっているもののどうしても日程を変更できない場合(子供の大学の卒業式への出席など)は、事前に自分のチームにきちんと報告をしておきましょう。あなたの休暇中に同僚たちが引き継ぐことになる余分の仕事を軽減できる解決策を相談しておきましょう。

サポート
あなたの休暇中、進行中のプロジェクトを引き受けてもらえるかどうか同僚に尋ねておきます。あなたが担当している仕事を一人の人だけに押し付けるようなことはせずに、頼りになる何人かの同僚に協力をお願いするようにしましょう。あなたの留守中に誰がどの仕事を引き継ぐのかを一覧にしたリストを作成し、上司、顧客、チームメンバーに渡すことも忘れないようにしてください。また、休暇前にはきちんと引き継ぎをし、プロジェクトの最新の状況についても知らせておきましょう。同僚が休暇を取る際に今度はあなたがお返しに仕事を引き受けるなどすれば、同僚たちは喜んで手を貸してくれることでしょう。

仕事の体制をきちんと整えておく
休暇の前に、仕事はできるだけ多く片付けておくことです。また、休暇後に整理整頓された仕事場に戻ってくるためにも、大掃除をする時間を取ることをお忘れなく!メールの受信ボックスも整理しておくことをお勧めします。ルールを作成して、特定の顧客からのメールがあなたの仕事を引き継ぐ人に転送されるようにしておきましょう。また、あなたの仕事を引き継いでくれる人の名前や連絡先情報が記載された不在通知メッセージをメールとボイスメールの両方に、忘れずに設定しておくようにしましょう。

休暇中は仕事とできるだけ一線を画す
休暇中も仕事のメールや電話を確認するのは構いませんが、基本的なルールを決めておきましょう。確認するのは1日に1~2回までに留めるべきです。休暇中も職場に電話を入れて最新状況を確認するつもりならば、全員にとって都合がいい時間を予め同僚と決めておきましょう。休暇はリラックスと心の充電を最優先にして過ごすべきです。

休暇から復帰後は無理をしない
休暇後は余計なストレスを作り出さないようにしましょう。復帰した最初の週は、会議をたくさん入れるようなことはやめましょう。復帰後は返事が必要な電話やメールが溜まっているはずです。また留守中に新しいプロジェクト案も上がっているはずです。これらに取り組む時間を十分に取れるようにスケジュールを組むようにしましょう。

次の休暇の際にはこれらのヒントを利用して準備をし、休暇後も元のリズムに戻れるようにすれば、仕事は全て順調だと安心して、休暇を完全にリラックスして過ごすことができるでしょう。何より素晴らしい点は、このように準備をしておけば、休暇から復帰後もすぐに次の休暇が必要だと感じなくてすむことです!

このページをシェア