上司に自分の話を聴かせるには

How To Speak So Your Boss Really Listens

上司との効果的なコミュニケーション術を教えてもらう機会はめったにありませんが、知っていれば多くのメリットがあります。

良好なコミュニケーション、オープンドアポリシーなどを通じて、上司とすばらしい職場関係を維持している人は幸運です。

その幸運に恵まれず、会社に自分の価値を実証する機会を逃してしまう人もいます。Gallup社の調査によれば、雇用主と良好な関係や積極的なコミュニケーションを持てない従業員は、合計で年間4,500億~5,500億ドルもの生産性損失につながっています。

自分の話に耳を傾けてもらうために、以下に4つの貴重なアドバイスをご紹介します。

上司に合わせる
上司の気分を良くするには、主導権を渡すことです。上司がリラックスしたムードなら、それに従いましょう。緊張して堅苦しい雰囲気ならば、同様に振る舞います。

上司との付き合いが深くなればなるほど、上司の言葉や態度をよく理解できるようになります。一般に、チームに新しく加わった場合、推定に任せず、やや過剰にコミュニケーションを図ることをお勧めします。そのうち、上司がドアから入ってきただけで、気分が読めるようになるでしょう。上司の言葉を読めるようになれば、会議室で他のスタッフからも一目置かれるようになります。

助けてくれるのを助ける
説明を求めるのを恐れてはなりません。最悪なのは、意図を明確に理解しないまま、タスクやプロジェクトを進めてしまうことです。仕事に取りかかる前には必ず職務を復唱し、自分の理解を上司に確認しましょう。理解が正しければ、安心して前進できます。有効なコミュニケーションにより、失敗の可能性が減り、チームの模範メンバーとして仕事をすることも可能です。

上司の力になる
上司を立てましょう。どんな上司でも社員を味方にしたいと思っています。あなたも例外ではありません。

上司に対する秘密(仕事関連の)は避けたほうが賢明です。上司は、オフィス内の出来事について他人に先に情報が行くことを決して喜びません。また、自分の意見が上司と異なる場合は、根拠を明確にしましょう。異なる見解を提供することは、上司が綿密な情報に基づく優れた決定を下す手助けとなります。

正直は最善の策
間違いを犯したら認めることです。隠したり、他人を責めたり、だれにも気付かれないことを祈ったりしてはなりません。間違いを犯し、自分で始末できない場合は、すぐに上司に伝えてください。社員の正直さを評価する上司は、意外にもたくさんいます。常に隠しごとをせず、誠実に行動していれば、上司はあなたが会社の利益を最優先していることを理解し、あなたにも正直に接してくれるようになるでしょう。

上司との長期的に安定した関係に勝るものはありません。着実に信頼を築いていけば、上司は生涯にわたってあなたの味方となってくれます。

今すぐにでも上司との良好なコミュニケーションを図り始めてください。

このページをシェア