自分の手で職場を変えませんか? あなたならできます。

Want To Be A Game Changer At Work? Yes, You Can.

職場に取り入れたいことや改善したい点はありますか? あなたの望むような変化を今すぐ起こしてみましょう。

職場で、時代遅れな慣習や不要な習慣があれば、あなたか先頭に立って変えていきましょう。

多くの人にとっては、職場環境を変えるより、自らが適応するほうが簡単です。しかし、それでも、時代にそぐわない慣習や、効率的でない、あるいはまったく意味のない習慣に従うのが難しいと感じることもあります。職場環境の改善が必ずしも劇的な変化を要するわけではありませんが、時にはそんな変化が必要な場合もあります。

既存の習慣にちょっとしたアレンジを加えることが、豊かな創造性やワークライフバランスの向上を促進する場合もあります。ここでは、上司からも同僚からも賛同してもらえる可能性の高いアイデアをご紹介します。

メールは1日2回だけチェックする
働く。」)』の著者、ティム・フェリス氏のアドバイスです。メールのチェックと返信は1日の勤務時間のうち、かなりの部分を占めるだけでなく、集中して取り組む必要のある重要な作業から目をそらしてしまいます。

フェリス氏は、メールの自動返信機能を活用し、1日に2回しかメールをチェックしないことにした理由を説明するとともに、急を要する場合にはいつでも電話連絡が可能であることを強調することを提案しています。メールに頼りすぎないように習慣付けることは、長期的には同僚間の関係の強化にもつながります。

フレキシブルな働き方を提案する
最も古典的で、スタンダードな職場の決まり事の1つは、おそらく出勤日には、所定の時間(一般的には午前9時から午後6時まで)にオフィスにいなければならないことでしょう。しかし、社員が自分の貢献度ではなく、時間に対して給料をもらっていると考えている限り、生産的になろうという意欲はわきません。朝の通勤ラッシュで疲れて会社に到着することも、当然ながら、1日を順調にスタートさせる上でふさわしいとは言えません。フレキシブルな働き方は、社員に自分の時間に対する責任を持たせると同時に、職場での生産性や総合的な満足度の向上につながる可能性があります。

長期休暇の取得を必須にする
休暇を取ることは、あらゆる社員の権利であるにも関わらず、多くの会社ではその権利があまり尊重されていません。過剰な仕事量によって有給休暇を消化できず、その結果、その休暇が没収されると知って愕然とする社員も少なくありません。これこそ、やる気が失せるというものです!あなたが上司であるならば、部下がきちんと休暇を消化できるよう、社員と積極的に話す努力をしてください。どうすれば無事にプロジェクトを完了させて休暇に出かけられるか、労を惜しまず社員と一緒に考えましょう。上司が自分の健康や幸せについて真摯に考えてくれていて、自分の価値をも認めてくれていると部下が感じることができれば、社員の会社に対する忠誠心も高まります。

このページをシェア