コーチングへの投資がなぜ必要か

Why organisations should invest in coaching

近年、コーチングが非常に注目されています。タイガー・ウッズやマイケル・フェルプスといったスポーツ選手も、競技成績を上げるためにパーソナルコーチを雇っています。

企業社会でも、自分を磨き、競争で優位に立つための方法として、コーチングが多用されるようになりました。トップレベルのコーチ140人を対象にHBRが行った調査では、コーチを雇う3大理由として、潜在能力を開発し変化を促す、相談相手になる、問題原因となる行動に対処する、が挙げられました。

コーチングの需要が高まる中、企業などの組織でコーチを利用する主な分野は以下のとおりです。

キャリアコーチング

キャリアコーチングとは、キャリア開発と役職で必要となる能力開発を促すものです。この種のコーチは通常、キャリアプロフィール作成ツールを利用し、自分自身の仕事経験も活かしながら、クライアントに取るべき行動を認識させ、実行を促しします。また、仕事で成功し、充実感を得るという目標に向かってクライアントを導きます。

より多くのリーダーシップのアドバイスを見つける

スキルコーチング

スキルコーチングは、一般に的の絞れた目的が存在し、明確な方法を用いて能力を高めるために行われます。これにより、職務をうまく遂行できるよう促します。コミュニケーションやアンガーマネジメントのようなソフトスキルから、基本的な技術スキルまで、スキルコーチングにはさまざまなものがありますが、たいていは個別の目的に合わせて策定され、比較的大手の企業の学習・能力開発の一環とされています。

パーソナルコーチング、ライフコーチング

企業のリーダーは、人が何よりの「資産」だと考え、人材リップサービス以上の投資をしつつあります。パーソナルコーチングやライフコーチングはしばしば、私生活の危機に臨んでサポートを提供する方法として使われます。愛する人との死別、うつ病、そのほか感情と精神の健康に影響する深刻な状況が考えられます。物事がうまく行っている時も、ライフコーチが雇われることはあります。「失われたエネルギー」を取り戻すためや私生活を改善するための明確な道を模索することにより、仕事にも好影響を及ぼせる可能性があります。

エグゼクティブコーチング

これとは対極的な位置付けとなるエグゼクティブコーチングは、企業のトップリーダーや高い潜在力を持った人材のリーダーシップ開発や自己開発に焦点を当てるものです。このコーチング方法では、中長期的にサポートを継続して、クライアントが常に相談相手を持てるようにします。自分の考えをまとめて、決意を導き、自己認識を高められるようにするのが目的です。

コーチングの本質的な目的は、人の潜在能力を引き出し、今以上の能力を発揮させる有意義なパートナーシップです。意図は正当ですが、企業が導入する場合は、あわてて流行に飛びつく前に、入念に下調べをして、コーチとクライアントの相性が良いかどうかを確認することが非常に重要です。

このページをシェア