過剰な仕事量:手助けを求める時期と方法を知る

Workload Overload: Knowing When And How To Ask For Help

上司とともに「過剰な仕事量」の問題に対処するアドバイスをご紹介します。

負担の増大に「笑って耐えられる」ことは、ビジネス界では有利な能力です。そのため、多くのプロフェッショナルは、仕事を過剰に抱えていても助けを求めるのを嫌います。上司や同僚に「弱音を吐いた」と思われたくないからです。しかし、自分の許容量を超えていると声に出さなければ、燃え尽き症候群、納期遅れ、最終的には同僚や上司の信頼の喪失など、単なるイメージ以上の深刻な問題が生じかねません。

ここでは、上司とともに「過剰な仕事量」の問題に対処するアドバイスをご紹介します。

仕事の優先順位を相談する
上司は、あなたがどれだけ仕事を抱えているかを知らないかもしれません。まず、進行中のプロジェクトを優先順にリストアップしたものを見せましょう。ビジネス上の必要性を考慮し、最も重要な仕事に力を入れることに上司の同意を取った上で、それぞれの仕事の期限が現実的かどうかを話し合ってください。優先順位の低い仕事についても助言を仰いでおけば、それらの仕事が最優先となる時期に前もって備えることができます。

一部の仕事を他人に代わってもらう
当面、最優先されるプロジェクトを明確にした上で、それ以外の仕事も急増しそうな場合は、上司とともに職務や専門知識を検討し、あなたにしかできない仕事を判断します。次に、リスト上の残りの仕事について考えます。一時的に同僚に代わってもらえる仕事はあるでしょうか? 他の従業員とチームを組んで、期限に間に合わせることは可能でしょうか?

外部リソースの利用を検討する
上司と仕事量を話し合い、時間的あるいは技能的理由で社内に手助けしてくれる人がいないとわかった場合は、派遣や契約スタッフを利用したほうがよいかもしれません。大手企業は、重要な社員の過労を防ぐため、臨時スタッフをしばしば雇用しています。

助けを求めるのが恥ずかしいと思っている方は、重要な期限に間に合わないことのほうが、あなたの心にもチームの業績にも打撃を与えることを思い出してください。自分にはどうにもならないほど仕事が膨れ上がったときは、会社を第一に考え、プロジェクトを成功させる(そして、自分も最大限の力を発揮できる)現実的な解決策を上司に相談することが最善の策です。

このページをシェア