職場の「友敵」:仕事上でどのように付き合うか

Workplace “Frenemies”: How To Handle Them At Work

仕事以外でも友達として付き合っている同僚との会社での競争に、どのように対処しますか?

同僚と仕事以外でも友達として付き合っている場合、昇進競争は、きわめて複雑化することがあります。仕事後に同僚と付き合うのは良くあることですが、そこに競争が発生すると、事は単純ではなくなります。

幸運なことに、必ずしも、あなたか友人のどちらかが敗者となるゼロサムゲームである必要はありません。

職場における人間関係の泥沼や中傷合戦に陥らないために、守るべき3つのシンプルな原則をご紹介します。

親切
嫉妬心は、惨事の原因となる可能性があります。ジェラシーが根付く時、職場の友情は試練にさらされます。報酬や役職といった要因は自分でコントロールできることではありませんが、自分でコントロールできる要因を利用して、職場の友情を育んだり修復したりすることは可能です。

職場の友達を助けるために一肌脱ぐ行為が、後で自分に返ってくるでしょう。親切で無私無欲な行動は、そうそう忘れられるものではありません。助けの手を差し伸べる行為は通常、健全な職場の人間関係の種蒔きとなります。

仕事の実績や生産性の向上に役立つ知識を持っているのであれば、シンプルな提案から始めます。善意というものがどれだけ職場に浸透するかに、あなた自身も驚かされることでしょう。

礼儀
礼儀と、よそよそしさやプロ精神は同義ではありません。機械のように冷たく振る舞うのではなく、でも真面目に対応しなければならないという時があります。同様に、職場で冗談を言ったり個人的なことを話したりしても良いという時もあります。こうした会話はチームビルティングの一部であり、特にいずれ昇進したいという気持ちがあるのであれば重要です。

ただし、馴れ馴れしくなりすぎると、真面目に受け止めてほしい真剣な場面で裏目に出ることがあり、無意識に行動していると誤解を招くおそれもあります。

ですから、職場の友達との関係では、明確なコミュニケーションやボディランゲージを通じて線引きをしっかりすることが非常に重要です。

如才なさ
職場の友情は、慎重に扱う必要があります。実績を上げなければならないというプレッシャーも手伝って、誤解や嫉妬を生みやすいからです。したがって、同僚と健全な関係を維持するには、必要に応じて如才なく振る舞うことが重要です。査定やプロジェクトでの協力など、ややこしくなりそうな状況に直面した時は、感情をコントロールし、言葉を慎重に選んで話すことを学びましょう。

このページをシェア