新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

もし当社で勤務しているロバート・ハーフの派遣社員または契約社員が、当社で新型コロナウイルスに感染の可能性がある場合、どうしたらいいでしょうか?

もし貴社の誰かが新型コロナウイルス検査で陽性と診断され、ロバート・ハーフの派遣社員または契約社員がまだ出社中である場合は、直ちに退社を促した上で、可能な場合は在宅での勤務を継続させ、速やかに(+81)3 4577 0900 に電話するように指示してください。

新型コロナウイルスに感染した可能性がある場合は、速やかにお近くのロバート・ハーフ・オフィスまたは担当コンサルタントまでお電話ください。

ロバート・ハーフは新型コロナウイルス感染症に関してどのような対応策を実施していますか?

ロバート・ハーフでは、新型コロナウイルスの流行と、従業員、お客様、そしてより広範囲なコミュニティに対する影響をしっかりと注視しています。弊社の従業員とお客様の健康と安全が、弊社の最優先事項です。

パンデミック対応計画と堅固な事業継続性計画を実施しています。

ロバート・ハーフのパンデミック対応計画とはどういうものですか?詳細を教えてください。

世界保健機関のリストに掲載されているすべての国と、最新の政府の勧告や通知に基づいて、特定の国に対する従業員の渡航を禁止しています。貴社の拠点がある国の政府の渡航情報もご確認ください。

弊社の従業員は、オフィスが閉鎖となった場合、在宅勤務ができるテクノロジーとツールを持っています。

適切と判断される場合は、ビデオやSkypeを使用した面接を推奨しています。また弊社では現在、握手などの接触を伴わない挨拶をするよう促しています。

弊社では、重要度の低い渡航を停止していますが、お客様のビジネスの重要なニーズに対応し続けるため、必要な場合には、なるべく現地スタッフのもとお客様と対面で会議を実施致します。

皆様にWHO衛生ガイドラインに準拠することをお勧めしています。これはオフィス所在地のページに掲載しております。

ロバート・ハーフは新型コロナウイルスの流行について顧客に対してどのくらいの頻度で最新情報を開示しますか?

ロバート・ハーフは、お客様からすべてのお問い合わせに個々に対応しており、今後も対応していきます。

弊社はすべてのお客様および勤務中の派遣社員・契約社員と連絡をとっております。ロバート・ハーフのウェブサイト、roberthalf.jp/ja/employers/faq/covid-19でFAQを更新してまいります。

もし状況が変化した場合は、再びご連絡を差し上げます。

当社の新型コロナウイルス感染症についての姿勢やガイダンスについて、当社で勤務している派遣社員・契約社員に伝えていただけますか?

はい。貴社で勤務しているロバート・ハーフの派遣社員・契約社員に対するガイダンスや特別な指示があれば、弊社から連絡いたします。