人脈の広げ方:転職の人脈作りを磨こう

thumb

人脈づくりでの禁止事項をご存知ですか?転職をする際に役立つ人脈の広げ方は、これらの禁止事項を守ることに他なりません。

ビジネスにおいて、人脈の広げ方を誤らなければ、エグゼクティブレベルの職務の思いがけない求人情報が手に入ることがあります。人脈づくりでよくある間違いは、実践経験のない人に起こりやすいですので気をつけましょう。

アクティブなつながりを保つことができていないと、転職時に新参のマーケットの中で頼る人脈が全く無い状況に陥ってしまいます。既に構築されたビジネスネットワークの中から人を探していく方がより簡単です。

もっとも効果的な転職における人脈の広げ方は、以下の人脈づくりでの禁止事項を守ることです。

業界イベントの大半にスタッフメンバーを代わりに出席させない
こういった機会をすべて他人任せにすると、人脈づくりの機会を失うことになります。プロフェッショナルの集いには出来るだけ顔を出し、存在をアピールしましょう。

人脈づくりイベントのレセプションをおろそかにしない
会場に早めに入り、ゲストやスピーカーと一緒になることで、プログラムが始まる前に誰が会場にいるか把握し、話をしたい人を捕まえることができます。

社交の範囲を制限しない
自分の知り合いだけでなく様々な経験レベルのプロフェッショナル達と交流するネットワークを広げましょう。自分の業界以外にもコンタクトを広げましょう。良いつながりは誰とどんなタイミングで起こるかは誰にも分かりません。

新しい会場を見過ごさない
人脈づくりは単にビジネスに関するイベントに限ったものではありません。スポーツイベント、休日のパーティーなどどこでも自分の名刺を持っていき、最低でも3人の新しい人と会うように努力しましょう。

自分の動機を隠しておかない
もしあなたが自分の転職について助言を探しているなら、そのことについてオープンに話し、15秒のセールスピッチを用意しておきましょう。あなたの率直さが、転職のときにあなたの助けとなってくれる人脈を作ってくれるかもしれません。

必要以上にアグレッシブにならない
自分のビジネスネットワーク内でコンスタントに連絡を取るのは重要なことですが、かき乱すようなことは避けましょう。

関連した情報を書き逃さない
新しい人に会って名刺を交換した後、その人と話した内容を短くその名刺の裏に書き留めて後で思い出せるようにしましょう。

感謝の念を忘れない
いつでも他人からの助けに感謝している気持ちを伝えましょう。シンプルなありがとうの手紙やメールが適当です。

あきらめない
もしあなたが出会った人が助けにはならなくても、つながりを維持し、人脈づくりの努力を続けるなどの積極的な態度を保っていれば、別の新しい機会に繋がっていきます。

同僚とつながりを持つことも、新しいビジネスチャンスを作る利益をもたらします。優れた人脈の広げ方とは、転職という目的に縛られずネットワークを広げ、そのつながりを大切にすることです。転職を希望していなくても、同じ業界の他の人との人脈を築くことは競争力の持続とベストな実践の維持、ブレインストームの機会を与えてくれます。

 

 

このページをシェア