転職の際に気をつけること:転職活動の準備チェック項目

転職活動の準備チェック項目

転職活動の準備が本当に万全かどうか、確認してみましょう。

転職活動を始める際には、事前の準備が重要です。

一つのキャリアを突き進んできたものの、それほど満足できていないとします。そのような場合、転職という考えが脳裏をよぎったとしても無理はありません。人生の大きな変化に向けて既に覚悟を決めているかもしれませんが、本当に大丈夫でしょうか? ここでは、新たな出発に向けて、必要不可欠な転職活動の準備方法をご紹介します。以下に挙げる転職活動の事前準備チェック項目を確認してみてください。

人脈づくりを始める
LinkedIn などのキャリア関連のソーシャルメディアサイトは、上手に利用すれば情報の宝庫となり得ます。関心を持っている業界の特徴や雰囲気について有益な情報をかき集め、その業界が自分に向いているかどうかを検討しましょう。

メンターやキャリアカウンセラーを見つける
信頼できるアドバイザーは、あなたの適性を客観的に判断し、改善すべき点についてヒントをくれます。目指している業界を専門とする人材紹介会社に登録すれば、能力に合ったポストを絞り込み、キャリアアップに繋がる転職ができるよう手助けしてくれます。的確なサポートを得ることができれば、先が見えないまま、やみくもに求人広告を探すより効率的です。

独学する
キャリアチェンジの前には、新しい業界を理解するための勉強が欠かせません。インターネット上の多くの資料を活用しましょう。様々なトレーニングコースや幅広い情報にアクセスでき、自分のペースで学べるロバートハーフのeラーニングポータルでは、スムーズに学習を始めることができます。新しい業界について調べ、学んでおくことは、転職の事前準備事項の中で、何よりも最初にチェックすべき項目です。

家族の協力を得る
近々、子供が生まれる予定はありますか? 予備校や塾に通う受験生を抱えていませんか? 「転職」という大きな変化に対して家族の準備ができているか、配偶者と話し合うことをお勧めします。転職の事前準備チェック項目の一つとして、忘れずに確認しておきましょう。自分の決断が家族の重要なイベントに悪影響を与えてしまわないよう、十分、注意してください。

資金を準備する
スタートからやり直すことは、一時的に収入が不安定になり、長年受け取ってきた手当やボーナスを失うことを意味します。そのため、転職活動準備として、まず転職活動中の資金確保をしなければいけません。生活を支えられるだけの十分な貯蓄があれば理想的です。なければ、少なくとも6ヶ月分の生活費に相当する金額を貯めるよう努めましょう。では、雇用市場を把握し、自分の経歴と似た候補者の給与相場を知ることができます。

現場を体験する
インターンシップ、派遣契約やフリーランスプロジェクトで実践的なビジネス経験を積むことで、自分の転職の適性について、根拠に基づいた決断を下せるようになります。また、新しい仕事を得た時、すぐに能力を発揮できるようにもなります。インターンとしてまた一から始めることは自尊心が傷つくかもしれませんが、新たなキャリアを築く難しさを充分に理解しているのであれば検討をお勧めします。

すべてのスキルに磨きをかける
特定の業界で必要となるスキルだけを習得しておけば良いというものではありません。危機管理、プレゼンテーション、時間管理、マルチタスク、同僚との人付き合い方など、他の分野にも力を入れましょう。これらは現職でのスキルアップにも繋がりますし、この先どこで働くことになっても生産性の大幅な向上に役立つはずです。

上司のサポートを得る
仕事を辞めることは、関係者全員にとって辛いものです。現在のポストでの勤続年数が長い場合は特にそう言えるでしょう。転職の前に気をつけるべき点は、上司や同僚との関係を退職の日まで良好に保つことです。上司は将来、あなたの心強い味方となり得る存在です。新しい職場で活用できる長所をアピールする推薦状を書いてもらえれば、有利になること間違いありません。

以上のチェック項目を全て網羅できていれば、あなたの転職活動の準備は完了したも同然です。人材会社から積極的に案件の紹介を受けて、転職活動を頑張ってください。

このページをシェア