キャリアコンサルタントに相談を:転職で夢の仕事を見つけよう

キャリアコンサルタントやアドバイザーの仕事は、依頼主である求人企業のために優秀な人材を見つけることです。ここでは求職者の側から、キャリアコンサルタントと相談を重ね理想的な仕事を手に入れる方法を紹介します。

キャリアコンサルタントに相談する時がやってきました。新しい職を探すのは大仕事です。自分に最適な求人情報が広く公開されていない場合もあるでしょうし、正しい方法で探せていないかもしれません。

だからこそ、人材会社の手引きとサポートが価値を発揮するのです。キャリアエージェントは、幅広いコネを持っていて、適材を適所にマッチングすることに長けています。キャリアコンサルタントに相談して職探しをする際のベストプラクティスを、以下にご紹介します。

目立つこと
まず何よりも、キャリアコンサルタントがあなたのことを簡単に見つけられるようにする必要があります。履歴書を人材会社のウェブサイトに直接、または求人サイトにアップロードしてください。

次に、エレベーターに乗り合わせたわずかな時間で言える程度の、自分の長所と経験の短い紹介文を考えます。この自己PRは、企業に自分を売り込む際に役に立つでしょう。業界イベントでの人材交流であれ、オンラインでの存在感の確立であれ、正しいイメージで覚えてもらえるようにすることが重要です。

率直に意思疎通する
キャリアコンサルタントとの初めての相談では、自分のキャリアの目標を詳しく説明してください。どのようなタイプの役職、年俸、勤務地を探しているかを明確にします。どうしても譲れない点や妥協しても良いと思う点も、はっきりと伝えてください。

これらの情報すべてが、キャリアコンサルタントの仕事を助ける要素となります。そして、あなたに合った求人案件が出たら、キャリアコンサルタントの頭に真っ先にあなたのことが思い浮かぶようになるでしょう。

正直に話す
嘘はもちろん、誇張も避けてください。あなたが自分のスキルや学歴、職歴を正直に話さないかぎり、キャリアコンサルタントは、仕事と人材をうまくマッチングさせることができません。

定評ある人材会社であれば、守秘義務は守られると思って大丈夫でしょう。求人企業と専門分野の経歴について話す際は、分別を働かせる必要があります。キャリアコンサルタントがアレンジした以外の面接も受けている場合は、その旨をキャリアコンサルタントに伝えてください。これにより、コミュニケーションの行き違いを防ぐのに役立ちます。

プロフェッショナルにふるまう
受けたばかりの面接結果を聞こうとして、キャリアコンサルタントをひっきりなしにせっつくのは良くありません。キャリアコンサルタントは、同時に複数のクライアントと志願者を担当しています。絶え間なく連絡してくる相手ほど厄介な存在はありません。定期的に、節度を保った間隔でキャリアコンサルタントに連絡し、どんな情報でもいいので新しいことが分かったら教えてほしいと伝えるようにします。

持ちつ持たれつの関係を作る
仕事が見つかればさよなら、という態度は禁物です。自分の同輩や知人をキャリアコンサルタントに推薦し、良い関係を維持しましょう。これにより、次のキャリアの転機が訪れた時、キャリアコンサルタントがあなたのことをすぐに思い出してくれるようになるでしょう。

キャリアコンサルタントとの相談は、キャリア開発の強い味方となります。履歴書のブラッシュアップを手伝ってくれたり、面接のコツを教えてくれたり、さらには業界のトレンドや顧客企業の貴重なインサイダー情報を提供してくれたりする可能性があります。優秀なキャリアコンサルタントと、長期にわたる互恵関係を築くのが賢明です。

このページをシェア