仕事探しの基本: 転職成功までの8つのステップ

仕事探しの基本を学んで、転職活動のスタートを切りましょう。転職を成功させるためには、転職を決めた瞬間から確実なステップを踏まなければなりません。

転職を成功させるためには、求人情報を片っ端から調べる以上のことをする必要があります。実際どうやって仕事を探すのかという方法自体が、自分がその仕事に適正を持っているかということと等しく重要な意味を持ちます。下記では、あなたの転職活動の努力を最大限に生かすための仕事探しの基本戦略をご紹介します。やりがいのあるポジションを見つけるための可能性を広げていきましょう。

キャリアサーチをあなたの仕事だと思いましょう

  • 自分の理想のポジションを検索し見つけるのには時間がかかります。
  • もし現在失業中なら、仕事探しを自分のフルタイムの仕事と考えましょう。現在就業中であれば、毎日勤務後に仕事探しの為の時間を作りましょう。

フォーカスを絞ること

  • 履歴書を企業に送る前に、次の職務から自分が何を得たいのか考えてみましょう。
  • 自分の中で最も大事なカテゴリーを5つ上げて、それが営利を求めることなのか、家族との時間をより多く取ることか、管理職に就きたいのか、などについて考えてみましょう。
  • 自分自身の能力や関連するバックグラウンドについて考えてみましょう。
  • 様々な求人情報を見る際に、それらが自分の優先順位、才能、経験などと重なるものを探しましょう。転職できても、自分が納得いく条件でなければ、それが成功だったとはいえません。単に生活するためのお金を手に入れること以上の、毎日働くことで幸せになる職を得てこそ、転職に成功したといえるのです。

選択肢を開拓していきましょう

  • ウェブ上の求人ポータルサイト、企業のホームページ、人材派遣会社、求人広告はすべてあなたの仕事探しに役立ちます。
  • 大学もまた、職を探している卒業生向けに整った就業サポートを提供しています。
  • こういったサービスを十分に使いこなしましょう。

市場について知りましょう

  • 自分のスキルはどの程度需要のあるものなのか、その職種の現在の募集状況や自分と同程度の経験を持つ人がどのくらいいるのか考慮しながら、客観的に評価するよう努力しましょう。
  • 人材紹介スタッフや自分と同じ分野の他のエキスパートと話す機会を作り、見識を得るようにしましょう。
  • 就職説明会に参加して多数の企業の採用担当とコンタクトをとり、講演会やセミナー等の情報にも常に目を向けましょう。転職成功に繋がる、希望業種での人脈を築けるかもしれません。

勝ち組になる履歴書を書く

  • 過去の業績を数値で表しましょう。例えばプロジェクトを予算以下で収めた経験を書く場合、そのプロジェクトで見込まれていた数字と実際にご自身が使った額を添えましょう。こうすることで、採用側にあなたの価値を実際的に示すことができます。
  • 履歴書とカバーレターは、応募する職種が求めている重要な基準にあわせて調整しましょう。ですが、自分自身を偽ってはいけません。例えばパワーポイントの基礎知識しかない場合は「熟練」しているとは書かないようにしましょう。
  • 履歴書はプロフェッショナルらしい見た目が大切です。注意深く校正し、読みやすいフォントとサイズを選びましょう。履歴書を郵送する場合はクリームホワイト又は白色の紙を使用し、Eメールで履歴書を送る場合は、構成が見やすいように、例えばWordを使って履歴書を作成しましょう。

つながり、ネットワーク、人脈づくり

  • 友達や家族、前職の同僚や同窓卒業生などの連絡先リストを集めていくことで、「隠れた」求人マーケットにアクセスすることができます。
  • 毎週5〜6人程にアドバイスや役立つ情報、求人情報を求めてコンタクトをとることを目標にしましょう。
  • いつも礼儀正しく丁寧な態度で、他人からの厚意に感謝できるよう準備しておきましょう。

「ピッチ」をつくる

  • アドバイスや求人情報を求めて電話をする場合、自分は何者なのか、自分のバックグラウンドは何か、今話している電話の相手から何を得たいのかについて、明確に4〜5行にまとめたものを事前に用意しておきましょう。

印象に残る面接スキルを身につけましょう

  • インタビューで好印象を残すには、その企業についてあなたが事前にリサーチをしてきたことを相手に見せることです。これが転職成功の鍵を握るので、できるだけ時間をかけることをお勧めします。面接前日までに、企業の資料や業界に関連する記事を地元の図書館やインターネットで検索しておきましょう。
  • 「この会社の強みと弱みは何か?」といった質問を自分に問いかけましょう。応募職種に採用された場合、自分がどのような貢献が出来るのかリストを作りましょう。
  • 面接で聞かれる基本的な質問をリサーチし、自分の答えを用意しておきましょう。ただ、あまりリハーサルをしすぎるのは禁物です。

仕事探しの基本プロセスは、リサーチ、最高の履歴書作り、個々の面接への準備等などであり、それぞれにひとつ踏み込んだ取り組みをすることが大切です。忍耐力とぶれない軸を持ち続ける持久力が必要ですが、正しいツールとわずかな運があれば、希望の職種に採用されるでしょう。

 

 

このページをシェア