面接のコツと基本的なマナー

面接のコツをつかむにはどうすればよいのでしょうか?数をこなすことも一つの方法ですが、事前に準備をすることがコツをつかむ近道になります。

さあ、面接の段階にやってきました。この機会を最大限に生かせるよう対策しましょう。それでは、面接に受かる可能性を高めるために、面接のコツと基本的なマナーをご紹介します。

面接官は誰か、面接時間はどれくらいか、他に面接者は何人いるのかなど、転職面接に関する詳細を聞き出しましょう。また会社について聞いておきたいことがあれば、この段階で確認しておきましょう。面接に際してはできるだけたくさんの下準備をしておくことが大切です。

通常、転職面接は下記2つのどちらかの形で始まります。

  • 面接官が仕事内容と会社について話し、そのあとにあなたに話すように促します。 このタイプでは、あなたは落ち着いて面接官の人となりを伺うことができます。不利な点としては、質問をしようと思っていたことに関して新しい情報が出て来てしまう可能性があります。
  • 面接官がまず最初にあなたを「ステージ」に上げ、なぜこの仕事に応募したか、適切な応募者だと思われる理由について質問します。

    このアプローチの場合、あなたは即座に相手にインパクトを与えることが求められており、面接官と意思の疎通を行う前に話し始めなくてはいけません。しかしこの場合の利点は、自分を売り込むことができるということです。面接の初めと、その後の質問をする段階で積極性をアピールすることができます。

どちらの場合でも対応できるように準備しておきましょう。

自分自身のこと、自分の資質について自信をもってうまく話せるようになりましょう

  • これまでの実績とこれからの可能性に基づいて自分の資質を応募先の会社に伝える際、恥ずかしがる必要はありません。会社にあなたが貢献できることを伝えているだけです。
  • 履歴書に書いたこれまでの成果を頭に入れ詳しく説明できるように準備し、数字や事実を正確に把握しておきましょう。
  • 自分のキャリアと過去の業績について情熱をもって紹介しましょう。ただ、不必要な詳細は削ぎ落としましょう。
  • 最初は「抜粋」した内容を話し、面接官が興味を持ったと判断したらその詳細について話し始めていきましょう。
  • 話を遮らないこと。どんなに明白な質問でも、面接官が質問を言い終えてから答えを述べましょう。
  • 注意深く耳を傾けること。あなたがこれから利益を得る会社について知らなかったもっと深い情報が必ずあります。
  • これまでの職歴について話すとき、必ずポジティブな言葉使いを使いましょう。前職の雇用主や上司、同僚についての批判をしてはいけません。あなたが不誠実な社員であったという印象を与えます。

質問事項

質問をする場面は、あなたが面接官に積極的な印象を残せる最後のチャンスです。

  • 会社の構造、あなたの将来の社内ポジション、職務の性質、困難なことやキャリアの可能性についてもっと質問をしましょう。
  • 質問したい内容を全て記憶できないと思ったら、ノートに書き出しておき面接官にそれを参照してよいか訊ねましょう。
  • 質問の時間には制限があることを認識しましょう。あなたが質問をしすぎると、面接官に要望の多い人物だという印象を残し、面接のスケジュールを乱すことで相手をいらいらさせてしまうでしょう。

事後フォロー

  • 転職面接の後はお礼の手紙を必ず書きましょう。
  • あなたがその仕事に興味を持ち続けていることを再度知らせ、さらに詳しい話ができるように連絡が欲しい旨を伝えましょう。
  • もし今回が不採用の場合でも、電話をして相手のフィードバックを求めましょう。あなたの次の応募の際にとても重要なアドバイスがもらえるかもしれません。

その他の面接のコツ

すべきこと:

  • アイコンタクトをとる。
  • 自分の履歴書の詳細を覚えておく。
  • 忘れそうだったら自分が用意した質問事項をメモ書きしておく。
  • 自分がその会社に雇ってもらいたいと思うのと同様に、面接官もあなたをいたいという気持ちになってもらう。

してはいけないこと:

  • 面接官の話を途中で遮る。
  • 面接の前にタバコを吸う。
  • 自分の弱みについて自発的に話す。

以上のように面接のコツと基本的なマナーをご紹介しましたが、面接を成功させるには、事前の準備と当日に的確な反応をすることが大変大切です。加えて、自分で用意した質問や効果的な事後フォローアップをすることで面接官に多くの印象を残すことができます。

 

 

このページをシェア