リーダーの意味、マネージャーとの違いとは?

「リーダーシップ」と「マネジメント」はよく入れ替えて使われることも多い一方で、お互いを補完し合うこともあるこの2つの用語には、それぞれに違う意味があります。

チーム管理においてこのアプローチ方法の違いを認識していることは、状況に応じた使い分けだけでなく、双方の利点を活用し、各アプローチ方法がもたらす可能性がある結果を理解するためにも重要です。

「リーダー」と「マネージャー」では異なるチーム管理のアプローチ方法

  • マネージャー(管理者)が従業員の仕事やタスクを具体的に指示する一方で、リーダ(主導者)ーは従業員のが仕事やタスクに最善を尽くすための動機付けを行います。マネージャーは、指示の実現、仕事量とワークフローの管理、メンバーへのタスク割り当て、結果の追跡と管理、職務の完了に責任を持ちます。自らの成長や仕事の柔軟性、仕事上の信頼を強く求める従業員には、リーダーがその人の実力を引き出し、成果につながるようスキルと才能を最大限に発揮させることに力を入れます。従業員のは、職務の性質と肩書により、義務としてマネージャーに従いますが、彼らがリーダーとそのビジョン、励ましに従うのは、自らそうしたいと思うからです。
  • マネージャーは手順及び構造の順守を確保しリーダーは信頼と能力向上によって物事が行われるよう人々に目を配ります。
  • マネージャーの主な責任は組織目標の実現であることから、彼らは成功を達成するために企業の命令と方向性に従うことが多くなるのが特徴です。リーダーの特徴は、従業員の満足度を重視して、組織とチームの枠組み内で成果の出る新しい方法を模索することです。
  • マネージャーはプロセスと現状を重視する傾向があり、リーダーは常に新しくより効率的な方法を生み出そうと努力します。同様にリーダーは従来とは異なる新しい方法による仕事の完遂に目を向けます。先見の明を持つ個人とチームを励まし、さらなる成功と効率向上を目指して現在の方法に異を唱え、継続的な改善に力を入れます。
  • マネージャーは短期的な目標に集中しますが、リーダーは絶えず先を見越し、臨機応変に仕事をします。
  • マネージャーは、定められたタスクの実施、目標への到達を任務として与えられているため、そうしたタスク、目標、最終的な結果に深くこだわります。つまり彼らにとっては企業が定める期待に応え、目的・使命を達することが重要なのです。リーダーは従業員に力を与えることでこれらの達成を助けますが、将来に備える基礎固めや新しい成長の計画、従業員のフィードバックとアイデアを将来の計画に取り込むこと、そして今後の収益性に対する投資の検討にも目を配ります。
  • マネージャーの特徴はビジョンまたは目標を共有することであり、リーダーの特徴は参加と同行を求めてそうしたビジョンや目標を人々に売り込むことです。マネージャーが、目標について意見を交換し、詳細を計画し、タスクを割り当てる一方で、リーダーは従業員の期待感を高め、利害関係者の賛同を得て、チームが一丸となって進んでいけるようにする全体的な方向性を定めます。
  • マネージャーは仕事と生産高の管理に焦点を当て、リーダーは全体的な目的を達成するために人および人を導くことに焦点を当てます。マネージャーの役割とアプローチは、従業員に到達すべきことを伝え、割り当てた任務が果たされることに期待するという、取引型の管理であると考えられます。リーダーの役割とアプローチはもっと戦略的で、従業員が自らのイニシアチブと専門性を活用して物事を達成し、自らの意思で進むことができるように努め、彼らが最大限の実力を発揮してくれるよう従業員を信頼することです。
  • マネージャーには正式なチームメンバーと部下がいます。リーダーに従うことによる、彼らへの報告義務はありません。マネージャーの仕事は、職務がきちんと行われるようにすることであり、その役割と肩書の性質から彼らには権限が与えられています。マネージャーの場合は、タスク達成に向けてより率直さをもって戦術的な活動に集中する必要があります。リーダーは特に正式な権限を必要とせず、彼らが伝えるメッセージや態度が共感を呼ぶことで、追随者を生み、リーダーの意向に沿って取り組むようになります。
  • 取引型のアプローチで役割を果たすのがマネージャーの特徴なら、より変革型のアプローチを行うのがリーダーの特徴です。リーダーは変革に力を入れることで、強制的にならずに企業文化を形作り、従業員の情熱とエネルギーを高めます。従業員の役割、生産高、そして全体的なチームの成功を変革するアプローチです。周囲の人々に訴え、チームの可能性を開くことが目的です。
  • マネージャーがリスクを最小限に抑える一方で、リーダーはリスクを取るといったイメージがあるかもしれません。これはリーダーが規則を破るということではなく、今後のより大きな成果を得るために自らと自らが率いるチームをさらに伸ばそうとする努力であり、全体的な目標のための正しい行動です。競争を有利に進めるためのチャンスを引き寄せ、困難を乗り越えることに重点を置いているのです。

2つのアプローチ方法がもたらす結果

マネージャーのアプローチが不足すると、生産性低下、従業員モチベーション喪失、ワークフロー効率の悪化につながり、リーダーのアプローチが不足すると、チーム成績への悪影響とともに、離職率上昇、能力開発の伸び悩み、不揃いな企業文化の形成につながります。従業員の能力を最大限に引き出せるよう、チーム管理の各アプローチ方法の違いを理解し、状況に応じて効果的に使い分けることが重要となるのはそのためです。

概してマネージャーの特徴はタスクを管理し成果を実現するために企業がもつリソースの計画を立て、準備を整え、調整することであり、リーダーの特徴はより大きな計画に取り組みながら、目標や目的に達するように周囲の人々を勇気づけ、やる気を出させ、感化することです。

リーダーシップとマネジメントスキルを両立できる候補者の採用にご興味がございましたら、今すぐ弊社までご連絡ください